高尾山の石斛

.07 2017 花(草花) comment(0) trackback(0)
瀬戸屋敷の庭にあるセッコク(石斛)はもう咲いたのだろうかと
ネットをチェックしていたら、
高尾山にセッコクがたくさん咲いているという情報を得ました。
早速高尾山へドライブ。
01IMG_3558 (800x600)

これはケーブルカー高尾山駅の下りプラットフォームの
階段のそばの桜の木に着生したセッコクです。
目の前にあるので撮影が一番楽です。
02IMG_3553 (800x600)

セッコク(石斛、学名:Dendrobium moniliforme)は、
単子葉植物ラン科の植物で、
日本の中部以南に分布しています。
03IMG_3556 (800x600)

岩の上や大木に着生する着生植物です。
04IMG_3555 (800x600)

乗っかっている木から何かの栄養をもらっているわけではなく、
自分で水分を確保し、光合成をしています。
05IMG_3554 (800x600)

ですから寄生植物ではなく、こういうのを
着生植物と呼ぶのです。
06IMG_3557 (800x600)

一番見ごたえがあるのは
高尾山6号路沿いにある杉林の群生です。
07IMG_3610 (800x600)

ものすごいボリュームですが
いかんせん高い木の上なので、
これをちゃんと撮影するには高倍率の望遠レンズが必要です。
08IMG_3612 (800x600)

私のコンパクトカメラではこれが精いっぱい。
09IMG_3614 (800x600)

これは1号路のそばの杉の木にあるセッコクで
道路から近くてそれほど高くない位置にありました。
10IMG_3528 (800x600)

今日はケーブルカーに乗せてもらえず、
1号路を徒歩で登り、6号路を下ってきたので
19,948歩を歩かされました。

スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/2179-2498f05d