FC2ブログ

手抜き手術

.22 2010 介護 comment(4) trackback(0)
母が昨日からお腹が痛いという。
便が固くて詰まって出ないというのだ。
「お母さん、それはないよ。もう大腸は肛門に繋がっていないんだよ」

母は昨年末S字結腸の部分に穴があき、その部分の摘出手術を受けている。
大腸は、体の右側下の盲腸から始まって、上に上がり胃の下で横に走り、
体の左側で下に下がって、S字結腸で直腸に繋がって、肛門に繋がっている。
大腸出典:yahoo辞典

切り取った大腸の最後の端は、体の外に出されて人工肛門になっている。
直腸の上は縫って閉じられている。
日々の排便は人工肛門で行われ、肛門が使われることはないのだ。

それでも母は「いや硬い便が詰まっているような気がする。時々便意を催して
トイレに行くのだが出ない、今まではそれだけのことだったが今日はお腹が痛い」
というのだ。
とにかく昨日は日曜日で病院はしまっているので我慢できるなら月曜日にしよう
ということで、今朝病院に連れて行った。

昨年末の救急車事件は中野の妹のところに行ったときに起きたので、
手術は中野の病院でやり、そのあと横浜の病院に転院させてもらって、
一月初め2週間横浜で入院したのだ。
入院していた時の担当の外科医の先生に診てもらったところ、
私と同じことを母に言う。
「お母さん、もう大腸と肛門は繋がっていませんよ。そんなことはないはずですがね」

下剤をかけても出ず、母の苦しみ様は大変だった。
私の手を握って言う。
「しんどい、死にたい。なんでこんな目に合わなければならないのか」

レントゲンで調べた結果、便が詰まっていることが分かった。
もう一年近く前の便なのでカチカチに固まっている。
最後は先生が手袋でつまみだすしかなかった。

先生は苦笑いしながら、
「もう大丈夫です、全部出しましたから」
私「また便が溜まるということはありますか」
先生「いや、繋がっていないから、もう同じことは起きません」
私「ありがとうございました、お世話になりました」

でも、内心私は、怒っておりました。
「なんでえ、ここに2週間も入院していたんだよ。
手術したのが自分でないからといって、主治医はあんただったんじゃん。
あんたのチェックミスだろ。直腸に便が残っていないかどうか」
と言いたかったのですが、ぐっとこらえました。

待ってもらった人工透析を2時間遅れで開始して、
なんとか今日は無事に終わりました。

関連記事
スポンサーサイト



ココン
息子さんの手を握って苦しさを訴える年老いた母親、その苦しみを取り除いてやることのできない豊栄さんのつらさを思って胸が迫ります。そして、このミスは避けることができたにとその怒りの気持ちも理解できます。
2010.11.24 07:02
豊栄のぼる
ココンさん、
ようやくその後痛みが取れ、母も落ち着いてきて、ほっとしております。この病院では母はほとんどの科でお世話になっているので、文句も言えませんが、もうちょっと注意していてくれたらねと思いました。先生も多分反省しているはずですから。
2010.11.24 08:34
hananorikko
こういう時、お医者さんは一般に、やっぱり、あ~~、ごめんなさいね~~、、ってすんなり謝りの弁は出せないのでしょうか、、古今東西、、どこも。。でも、便が出て楽になられてよかった。
2010.11.26 12:46
豊栄のぼる
hananorikkoさん、
まあ、なかなか「ごめんなさい」は出てきませんね。いじめの子が自殺した小学校の先生も、ビデオを隠せといった政治家も。
2010.11.26 13:55

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/218-1f4611d5