「イチョウ 奇跡の2億年史」 ピーター・クレイン

.09 2017 読書 comment(0) trackback(0)
この本の巻頭にゲーテの詩がある。
IMG_3636 (591x800)

ギンコー・ビロバ

はるか東方のかなたから
わが庭に来たりし樹木の葉よ
その神秘の謎を教えておくれ
無知なる心を導いておくれ

おまえはもともと一枚の葉で
自身を二つに裂いたのか?
それとも二枚の葉だったのに
寄り添って一つになったのか?


こうしたことを問ううちに
やがて真理に行き当たる
そうかおまえも私の詩から思うのか
一人の私の中に二人の私がいることを

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
1815年9月15日

こうして始まるこの本は340ページにわたる
大論文であり、世界中の学者、日本の学者の
説を丁寧に引用している。
巻末に90頁もの索引と引用文献と
脚注がついているのだ。

銀杏の歴史(まとめ)
世界中の古生代の地質から
あの独特の扇形をした葉の化石が出てくる。
2億年前からイチョウの祖先は生き続け、
6500年前の恐竜絶滅の大変動も生き延びた。
しかしその後の寒冷期に減退していき、
ヒトの出現期である大氷河時代に入るころには
ほとんど絶滅寸前になっていた。
中国の四川省と貴州省のあたりで生き残っていた
イチョウが
11世紀の宋代の文書に出てくるようになり
13世紀の元代に栽培されるようになった。
イチョウは、日本では勅撰和歌集にも
源氏物語にも枕草子にも出てこず、
15世紀中期の「埃嚢鈔(あいのうしょう)」
という本に初めて登場する。
来日したドイツ人ケンペルが1712年に
出版した「廻国奇観」という本において絵入りで
初めてヨーロッパに紹介した。
18世紀にはイチョウの木はヨーロッパで栽培
移植され世界中に植えられ、今も愛されている。


この本は、イチョウの歴史だけでなく、
植物の歴史を色んなエピソードを実に豊富に
ちりばめながら語っている。以下に面白そうな
エピソードをピックアップする。

①「地球上の大半の生態系を支え、
農業と文明生活のすべてのエネルギーのもとを
生み出しているのは光合成だ」
(確かに、光合成する植物なしには、
すべての動物は生きてゆけない)

②短枝の葉は扇形で、
シーズン後半に長枝にできる葉には
深い切れ込みがある。

③新潟県小千谷市の木喰観音堂の仏像は、
木喰上人の作品でイチョウ材に彫られている。

④雄木に雌木を接ぎ木しても、
その枝は独立性を保ち、
葉の出る時期も紅葉する時期もほかの枝と違う。

⑤1896年平瀬作吾郎はイチョウの精子が繊毛で
泳いで卵に到達したのを観察し、その2か月後に
池野誠一郎はソテツの精子が泳ぐのを観察した。
翌年2人は共同論文を発表し、世界を驚かせた。

⑥山梨県身延の3本のイチョウの木には、
葉の端に種子や花粉嚢が形成された。これにより
イチョウはシダから進化したことが分かった。

⑦鶴岡八幡宮で実朝暗殺事件(1219年)が
おこった当時の記録「吾妻鏡」「愚管抄」には
暗殺者の衣装まで書かれているのに、
イチョウの木には一切触れていない。
暗殺者がイチョウの陰に隠れていたという話は
事件から400年後の「鎌倉物語」に初めて
出てくる。鶴岡八幡宮のイチョウの樹齢は
500~600年である。
(日本におけるイチョウ文化史の二大研究者の
堀志保美と堀輝三の研究による)

⑧ Ginkgo の命名由来
ケンペルがGinkyoと書くところを間違えて
Ginkgo と書いたのをリンネがそのまま承認して
しまったからだということになっている。
しかし、ケンペルの出身地である北ドイツでは、
ヤ・ユ・ヨの音を「g」で書き表すことが多い。

⑨青森県 北金ヶ沢に大銀杏が存在することを
この本で知った。
いつか見て訪れてみたいところが
またできてしまった。
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/2181-6162101b