沖縄のスーパー

.12 2017 旅と観光 comment(0) trackback(0)
外国や見知らぬ土地に行ったら、
地元のスーパーに行くのが最大の楽しみです。
珍しいものがたくさんありますし、
空港の免税店の半値でお土産が買えるのです。

サガリバナを見て
名護市のホテルに着いたのが夜の9時。
早速お散歩です。
途中に "A&I" All American Food という
ファーストフードのお店がありました。
ガイドさんお説明では、米軍の残した店です。
01DSC_1905 (800x600)

駐車場にはこういうコーナーがたくさんあり、
注文すると車まで運んでくれるようですね。
02DSC_1924 (480x360)
この店では「ルートビア」という飲み物が有名で、
ガイドさんの説明では
「口元にサロンパスを貼って飲むコカ・コーラのような味」
だそうです。

夜12時までやっている地元の
「かねひで」というスーパーに入りました。
03DSC_1906 (480x360)

「モーウィ」。
赤毛瓜のことで、琉球王朝の宮廷料理の食材です。
漬物、酢の物、サラダに使う。
DSC_1907モーウィ (480x360)

「へちま」
沖縄ではナーベラーといい、みそ煮や炒め物に使う。
DSC_1908ヘチマ (480x360)

「カラシナ」は大人気の野菜。
豚肉と炒めるそうです。塩漬けにしたものは「チキナー」という。
DSC_1909カラシナ (480x360)

「ワタガラス」はカツオのワタ(内臓)の塩辛です。
「スクガラス」はアイゴという魚の稚魚の塩漬け(カラス)。
DSC_1911ワタガラス・スクガラス (480x360)

「島らっきょ」
塩漬けや浅漬けにし、てんぷら、炒め物にもつかう。
DSC_1910島らっきょ (480x360)

豆腐の種類は多かったです。
「ひやごん豆腐」は固そうな豆腐でした。比屋根豆腐店の製造。
DSC_1912ひやごん豆腐 (480x360)

「豆腐よう」
豆腐の発酵食品。豆腐チーズのようなもの。
お土産に買ってみました。
DSC_1913とうふよう (480x360)

「ひらそば」
平たい沖縄そばですね。
DSC_1914ひらそば (480x360)

ウィロシチューマチの刺身。アオダイ  という魚の刺身。
クルキンマチの刺身。ヒメダイ  という魚の刺身。
DSC_1915ウメイロシチューマチ (480x360)

アシチンの刺身。 リュウキュウドロクイ という魚の刺身。
DSC_1916 (480x360)

「ヒートゥー」。なんとなく想像はできたのですが、
調べてみたらやっぱりイルカの肉でした。
DSC_1917 (480x360)

チラガー。形から豚の顔の皮だとわかりました。
DSC_1918 (480x360)

梅曜日。梅を乾燥させた酸っぱいおやつだそうです。
DSC_1919 (480x360)

さあたーあんだぎー。沖縄の有名な揚げドーナツ。
さあたー(砂糖)、あんだ(油)、あぎ(揚げ)。
DSC_1920 (480x360)

タンナファックルーは黒糖・小麦粉・卵で作ったお菓子。
三月菓子は3月3日のさーたーあんだぎー、ただし長方形。
DSC_1921 (480x360)

「うるまげんまい」。黒糖で味付けした玄米ドリンク。
翌朝飲んでみましたがヤクルトみたいな味でした。
DSC_1922 (480x360)

砂肝ジャーキー。お土産に買いました。
DSC_1923 (480x360)

ホテルの自動販売機で買うと高いので、
買って帰ったオリオンビール。
DSC_1926 (480x360)

やっぱり、スーパーは楽しいですね。

スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/2204-2a5522f1