FC2ブログ

事務作業の合理化(その1)

.30 2010 仕事 comment(0) trackback(0)
先にデジカメがフィルムカメラを駆逐し、
フィルム産業を衰退させたことを書いた。
わずか最近10年間のことである。

しかし、よく考えてみれば、カメラに限らず、
我々の時代は常に技術革新の波にさらされていた。

私は1970年代初めに大学を出て企業に就職し、経理をやれといわれた。
「えー、そろばんですか。私は小学校4年の時に授業で習って、
商工会議所の6級をとっただけですよ」
当時、金勘定は大蔵省も銀行も企業経理もみんなそろばんだった。
まだタイガー計算機があった時代である。

電卓は72年の8月にカシオ・ミニ(350g)が12,800円で発売されて、
爆発的ヒットになったが、私の初任給は7万5千円だった。
結局、私はずっとそろばんを使い続け、
80年代の半ばからようやく電卓を仕事に使うようになって、
そろばんができないといって馬鹿にされることはなくなった。


考えてみれば、日本がそろばんを使っていたころ(80年代の半ばまで)、
西洋では足し算引き算は何を使って計算していたのだろうか。
筆算だろうか。確かにそれ以外はなかったはずだ。
銀行なんかはどうしていたのだろうか。

西洋で複式簿記が発達したのも、
そのほうが足し算ばかりで計算しやすかったからだと私は思っている。
そろばんでは足し算と引き算が混じっていても自由自在だが、
筆算ではそうはいかない。
同じ符号のものだけを足し算して、最後に合計の差額を引き算で求める、
複式簿記だと引き算は一回で済むのである。

日本の電卓が西洋人を計算業務から解放したのか?

次に目覚ましかったのがファクシミリだった。
入社当初は、他の事業所や本社とデータのやり取りをするのは、
郵便以外はテレックスだった。
字数をなるべく少なくして原稿を書き、総務課の女性にタイプを頼んだものだ。
総務の女性は穴あけテープを作り、その穴あけテープを機械に読ませると、
受け側の電子タイプライターが印字するのである。
商社マンや外信部の新聞記者はテレックスが打てないと商売にならなかった。
初めてFAXが事務所に導入された時は、
みんな驚愕し喜んだものだ。

そのファクシミリも今ではeメールに取って代わられ、
書類もファックスではなく、PDFにしてメール添付して送った方が、
ファイルしなくて済むといって喜ばれる。FAXで送ると怒られるのだ。

次がコピー。

昔は「ガリ版」か「青焼き」だった。
大学時代はガリ版でゼミの資料を作っていたし、
会社に入っても、大量に配布する資料はガリ版だった。
それほど部数の必要でない物や、急ぐものは青焼きだった。

青焼きと言うのは、透明な紙の上に鉛筆で原稿を書き、
それをジアゾの塗料をコーティングした紙の上に乗せて、
光を当てて感光させる方式である。
その時にアンモニアを使うので、印刷室に入るとツンと鼻をつく臭いがした。
設計図面は大きい紙を使うので、今でも青焼きのものをよく見かける。

トナーを用いて普通紙にコピーするのは、70年代はゼロックスの独占だった。
当時は普通紙コピーを「ゼロックスする」と言っていた。
ただしコピー代としてA41枚で10円以上とっていた。
値段が青焼きの10倍以上もしたので「ゼロックスする」ためには、
申請用紙が必要で課長のハンコをもらわなければならなかった。
80年代に入ってゼロックスの基本特許が切れて、
リコーやキヤノンが普通紙コピー機のビジネスに参入してから、
普通紙コピーがようやくコピーの主流になってきた。

電卓、ファックス、普通紙コピーと事務作業はどんどん合理化されていったが、
やはり最大の功労者はコンピューターの発達だった。

(その2に続く)
関連記事
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/222-971ca0b3