キュウリを食べるヌートリア

.11 2017 島根県 comment(0) trackback(0)
島根の実家の裏の畑のキュウリに
網の囲いがしてあります。
IMG_3713 (800x600)
裏の畑はお隣さんに無償で貸しています。
おかげで私たちは畑の草取りをする必要がないのです。

「なんで網で囲っているのですか?
上が開いているから虫対策ではないようですが?」

「それがね、よくわからないのだけれど、
キョウリが食べごろになると無くなっているのよね。
それも地面に近いやつが」

実は、これと同じことを妻の実家でもやっていて、
キュウリ泥棒対策なのだそうです。

犯人はこいつです。ヌートリア。
1280px-Myocastor_coypus_walking.jpg
(Wikipediaの写真を拝借)
体長40cm~80cmで親戚の目撃者によれば、
最初見たときは、ネズミのお化けか
と思ってびっくりしたとのことです。
実は我が家と妻の実家の裏には小川が流れていて
こいつはカワウソのように川岸に住んでいるのです。

戦時中に、軍隊の毛皮需要を見込んで輸入されたのですが、
戦争が終わって飼育業者が野に放ったのです。
今では東海地方から西日本で繁殖しているのだとか。



スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/2230-777b9d5d