FC2ブログ

タマゴタケ

.26 2017 食と料理 comment(0) trackback(0)
御岳山の山中でタマゴタケを見ました。
IMG_5656タマゴタケ (800x600)
タマゴタケ(卵茸、Amanita caesareoides)はハラタケ目テングタケ科テングタケ属の
テングタケ亜属タマゴタケ節に分類されるキノコの一種。

最初に真っ白い卵が地面に出てきて、
その卵の殻を破って赤いキノコが出てくるのです。

昨年、秩父のサルスベリを見に行ったとき、
このキノコを採取した誰かが置き忘れたのを見たのですが、
その時はこれはテングタケ(毒茸)だと私は記事に書いています。
確かに同じテングタケ属ですから間違いではありません。

つい最近、別の方のブログを見ていて
これが食べられることを知ったのです。

「おい、これ食べられるっていうのを知ってた?」

「知ってたわよ、でも危ないでしょ」

「ベニテングタケは赤い笠の上に白い斑点があるから、
見分けられるって書いてあるぜ」
ベニテングタケ
(Wikipediaより写真を拝借)

惜しいことをしました、採ってくればよかった。
関連記事
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/2242-4fd9201a