FC2ブログ

バラの誕生

.20 2017 バラ comment(0) trackback(0)
毎日寒い日が続きますが、ここ横浜では毎日青空です。
やはり、冬の間は、どんより曇って北西の海風の吹く
山陰地方よりも関東にいるほうがいいですね。

冬にバラの話をするのも季節外れですが、
「バラの誕生」 大場秀章 (植物学者)著 (中公新書1997/11)
を読みましたので読書メモを残しておきましょう。
図書館で借りた古い本なので、写真がほとんど入っていません。
やはりこういう本にはカラーの花の写真を入れてほしいですね。

① バラはギリシャ時代からあった
八重咲がすでにあった
香りとバラ油を採るほうを重視していた

② ローマ時代
アウグストゥスの治世にバラは日常生活に欠かせぬものとなった
祭り、儀式、墓地の飾りとして使われた
ネロはバラ狂いであった(宴会でバラの雨を降らせた)
冬のバラはナイルかカルタゴで栽培していた

③ 中国でも数千年に及ぶバラの歴史がある。
19世紀に中国のコウシンバラ(Rosa chinensis)
コウシンバラRosa_chinensis
が導入されるまで、四季咲きのバラはヨーロッパにはなかった

④ モダンガーデンローズの誕生は1867年(明治維新の前年)
最初のHybrid Tea Rose の<La France>
ラ・フランス
が登場した記念の年。
この年が Old garden rose と Modern garden rose の境目。

⑤ 現在の園芸品種はすべてアジアのバラである8種から生まれている
日本原産:ノイバラ、テリハノイバラ、ハマナス
中国原産:コウシンバラ、ローザ・オドラータ
小アジア原産:ローザ・フェティーダ、ローザ・モスカータ、ダマスクバラ

日本原産:ノイバラ
ノイバラ Rosa_multiflora

テリハノイバラ
テリハノイバラRosa_luciae

ハマナス
ハマナスRosa_rugosa

中国原産:コウシンバラ(上述)、
ローザ・オドラータ
Rosa_odorata.jpg

小アジア原産:ローザ・フェティーダ
Rosa_foetida.jpg

ローザ・モスカータ、
rosa_moschata.jpg

ダマスクバラ
Rosa_damascena.jpg
(終)
関連記事
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/2342-b844e840