FC2ブログ

佐田京石 Sada Stone Circle

.02 2018 九州 comment(0) trackback(0)
「おおー!」
感激のあまり言葉もありません。
日本にも巨石文化はあったんだ!
佐田京石01 (800x449)

私はまるで今、
フランスのブルターニュ地方を懐古旅行しているような
錯覚に陥りました。
佐田京石02 (800x600)

こちらも石の並びが崩れていますが
佐田京石04 (480x320)

ストーンサークルですよ。
佐田京石03 (480x269)

実は前の記事ではあえて飛ばしましたが、
ここは宇佐神宮から熊野摩崖仏のルートの途中でした。

佐田京石(さだきょういし) Sada Stone Circle です。
「大古の祭祀場か? 鳥居の原型か? 埋納経の標石か?
定説は未だありません。・・・・・」
佐田京石05 (800x449)
ここまで来る途中の田んぼの中に
メンヒル(単独立石)が立っていたのですが、
私は見過ごしてしまいました。
妻はしっかり見たそうです(口惜しい)。

背後の山は米神山といい、
山中にはドルメンや色んな巨石群があり
頂上にも環状列石があるようです。
佐田京石06 (480x270)

ただし山頂に登るには70分かかるとありましたし、
登山届を入れる箱(赤〇)がある程の山登りのようなのです。
しかも雨がまだ降り続いていて登山道には
水が小川のように流れています。
急ぐ旅ではないのですが、危険なので登山は諦めました。
佐田京石07登山届入れ (480x269)

私はフランスのブルターニュに赴任して
はじめて巨石文化に出会い今でも深い興味を持っています。
ホモ・サピエンスが
農業革命をしたのが12000年前、
新石器時代(磨いた石器)が8000年前、
ブルターニュの巨石文化が6600年前、
エジプトのピラミッドが5000年前です。
この佐田京石はいつ立てられたのでしょうか?

私が自治会のラウンジ懇話会で
「ヨーロッパの巨石文化」について発表したのが
今から5年前。
2013-05-01
ヨーロッパの巨石文化
http://rennais.blog6.fc2.com/blog-entry-919.html
巨石文化の概要が分かるように解説しています。

そして、ブルターニュ懐古旅行に出かけたのが
今から3年前。
その時に訪れた巨石群の記事が次の通りです。
興味のある方は読んでみてください。
あなたも石に憑りつかれるでしょう。

2015-07-22
ガブリニス島 Ile de Gavrinis
http://rennais.blog6.fc2.com/blog-entry-1593.html
2015-07-20
カルナック Carnac
http://rennais.blog6.fc2.com/blog-entry-1591.html
2015-07-18
トゥロノエン Tronoën
http://rennais.blog6.fc2.com/blog-entry-1589.html
2015-07-09
バルネネスのケルン Cairn de Barnenez
http://rennais.blog6.fc2.com/blog-entry-1580.html
2015-07-07
サンチュゼックのメンヒル Menhir de St-Uzec
http://rennais.blog6.fc2.com/blog-entry-1574.html

それ以前に書いた記事。
2012-04-21
タンポポ les Pissenlits
http://rennais.blog6.fc2.com/blog-entry-596.html


関連記事
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/2453-b6b3b478