FC2ブログ

歌丸師匠に負けないぞ

.02 2018 食と料理 comment(0) trackback(0)
38回めの結婚記念日の食事にここを選びました。
01DSC_1219 (800x600)

あざみ野うかい亭が開店してから
もう10年以上になるでしょうね、
図書館に通う時よく前を通るのですが、
いままで店に入ったことがありません。
開店した早々お試しにと入店した友人から
「目ん玉が出るほど高かったよ」
という話を聞いてから敬遠していたのです。
02DSC_1218 (480x360)

当日の朝電話したので、もう満席でしたが、
1時45分からの2回転目の席に入れてもらいました。
03DSC_1207 (480x360)
ぴっかぴかに磨き上げたステンレスのカウンター席は20席ほど。
2回転目なので我々を入れて8席ほどが埋まっていました。
あれですね、ドクターXの帝都大学病院の院長の西田敏行が
左手にワイングラスを傾けている高級焼き肉店のカウンターそっくりです。

惜しむらくは甲高い大きな声でしゃべる女性客のうるさいこと!
何でこんなに女性客ばかり多いのでしょうか。

メニューを見て、即座に一番安いランチメニューを選びました。
まずはアオリイカのマリネ?
04DSC_1206 (480x360)

2皿目は北海道の太いアスパラガス。
05DSC_1208 (480x360)

ヴィシソワーズというスープです。
ヴィシー風?知らなかったので、その場でスマホで調べました。
06DSC_1209 (480x360)
Wikipediaにありました。
「ヴィシソワーズ(英: Vichyssoise、仏: Crème Vichyssoise Glacée)は、冷たいポロネギ風味のジャガイモのポタージュ。
バターでポロネギ(リーキ)とジャガイモを炒めてからブイヨンを加えて煮、裏ごしして生クリームで伸ばし、冷やす。フランス語の名称は「ヴィシー風冷製クリームスープ」の意。このスープを考案したのはニューヨークのザ・リッツ・カールトンのシェフであったルイ・ディア(Louis Diat)で、フランスのヴィシー出身だったためにこの名を付けた。」

そして最後は当然ながら和牛のステーキ。
07DSC_1210 (480x360)

お口直しのジャスミンティーのあとは、
場所を二階のサロンに移してデザートです。
08DSC_1211 (480x360)

マンゴーシャーベットを選びました。
09DSC_1212 (480x360)

二階のサロンもまたゴージャスだったのですが、
とにかく女性のおしゃべりがかしましい。
10DSC_1215 (480x360)

中庭も素晴らしいのですが、さすがに猛暑の中では
誰も外に出ませんね。
11DSC_1216 (360x480)

私に残された願いは、金婚式を祝うこと。
あと12回こういう食事ができたらいいなと思います。
桂歌丸師匠が、笑点の50周年記念会に出るまで生かしてくれと
医者に頼んだそうです。
執念で頑張れば目標も達成できるのです。

歌丸師匠と同じ81歳まで頑張れば、50周年が迎えられるのです。
負けないぞ。

関連記事
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/2491-5d7074f2