FC2ブログ

イペーの本物を見た

.19 2018 アメリカ comment(0) trackback(0)
11月5日(月)、いよいよ帰国です。
これはフェニックスのホテルの前庭に咲いていた花。
IMG_5766 (800x449)

「こりゃノウゼンカズラの一種だな、イエロー・トランペットととかいう名前だったりして」
などとバスがもうエンジンをかけているのにカシャカシャと撮影しておりました。
IMG_5762 (800x449)

日本に帰って調べてみるとこれはなんとイペーの花でした。
サッカーのブラジル代表チームのユニフォームの色です。
この花を見にいつかブラジルに行って見たいと思っているのです。
IMG_5761 (800x449)
イペーの花は桜やジャカランダと同じで、葉っぱが出る前に花だけ咲くのです。
ところがこの木は葉を出しているので、イペーとは気がつかなかったのです。
熱海のジャカランダが葉を出して花が咲くように、
この木も寒いところに植えられるとこういう風に咲くのでしょうね。
ブラジルは遠すぎるから、沖縄に3月初めにこの花を見に行きますかね。

(追伸)2019/03/05追記
その後、台湾でイペーの高木と同じ場所でこの花を見て疑問に思い
再度調査したところ、この花は Ipê-de-jardim という名前だと判明。
ポルトガル語ですが「庭のイペー」という意味だと解釈。
背の低いイペーの仲間であろうと思われます。
本物のイペーは背の高い木で、黄色がイペー・アマレーロ、
ピンクがイペー・パウダルコ。ノウゼンカズラ科タベブイア属。


飛行機はフェニックスからサンフランシスコに飛びます。
DSC_1745 (360x480)

サンフランシスコ湾には塩田があるのでしょうか。
DSC_1746 (360x480)

これでアメリカともお別れか。
DSC_1752 (360x480)
サンフランシスコから羽田に飛んで、
行くときに儲けた一日を損して、
二日がかりで着いたのが11月6日でした。


サンフランシスコの免税店で買ったナパ・バレーのワイン。
3本買ったのですがもう1本なくなっています。
IMG_5861 (480x320)

今回のツアーは
「アメリカ大自然の絶景旅8日間」
というタイトルでしたが、
「アメリカの大地に刻んだ水の彫刻を見る旅」
と言い換えたほうがよい旅でした。

それにしてもバスはよく走りました。
ガイドさんによれば、2530km走ったそうです。
日本列島縦断の距離ですね。

失敗したこと。
ゴルフバッグの中にリップクリームを置き忘れて
唇があれたこと。
アメリカは砂漠の国でした。乾燥しています。
帰国したらカリフォルニアの山火事。
あれだけ乾燥していたら山火事も起きるでしょうね。

上手くいったこと。
ガソリンスタンドやコンビニそして空港のカフェで
どんなに金額が小さくてもクレジットカードで通したこと。
おかげで小銭に悩まされることがありませんでした。
現金が必要だったのは、ホテルの枕チップ2$と、
食事の時に注文するビールやワイン代金だけでした。

うれしかったこと。
スマホのシムを海外旅行用に取り換えなくても
そのままでOutlook のメールが見れたし、
LINEで日本にいる子供たちと連絡ができたこと。

悲しかったこと。
やはりアメリカは食べ物がまずい。
イタリア旅行をしている人がFacebookにのせる
食べ物のうまそうな写真を見ると
やはり食べ物はラテン系の国がいいですね。
日本はなぜこんなにおいしい外食のメニューが多いのか。


関連記事
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/2599-010cccab