FC2ブログ

黒木華のフランス美食散歩

.27 2018 フランス語 comment(0) trackback(0)
NHKEテレの「旅するフランス語」に
10月から黒木華(はる)が出演しています。
彼女はこの番組に出られたことがうれしくてうれしくて
たまらないようで、はしゃぎにはしゃいでいます。
(よくわかります、こんな美味しい仕事はありませんよ)
kurokihana marche (480x303)
9月までは常盤貴子がゴッホやカミユなどの足跡を追って
南仏を観光旅行する番組でしたが、
今回は黒木華がアパルトマンを借りて滞在し、
料理をするという構成になっています。
野菜を切る彼女の包丁さばきはなかなかのものです。

テーマが料理なので、私の知らない単語が
結構次から次へと出てくるのです。

以下は私の勉強メモです。

第1課のテーマは Fromage (チーズ)です。
フランスで一番人気のあるチーズは、
第3位 Sainte-Maure de Touraine
(サント・モール・ド・トゥーレーヌ)、
IMG_6778 (480x320)

第2位、Saint-Nectaire(サン・ネクテール)、
IMG_6780 (480x292)

第1位、Comté(コンテ)だそうです。
IMG_6784 (480x320)

私がよく食べていたチーズは、
カマンベール、ブリ、ソシエテ、クロタン、
ゴルゴンゾーラ、ゴーダチーズなどで、
上の三つはまったく知らなかったので驚きでした。
ぜひ今度買ってみて試食してみようと思っています。

番組の中で作ったチーズ料理の材料は
Mont d'Or (モンドール)という
スイスに近い地方で冬場に作られるチーズ。
IMG_6786 (480x320)

なんのことはない、チーズに穴をあけ、胡椒を振り、
穴の中に白ワインをぶち込んで、200℃のオーブンで
20分焼いただけのもの。
Fondue au Mont d'Or (モンドール・フォンデュ)だそうです。
でも美味しそう。
IMG_6787 (480x320)



第2課のテーマはエクレア。
ここでいろんなお菓子が出て来ました。
菓子パンはUne viennoiserie。

religieuse (ルリジューズ=修道女)。
確かに尼さんに見えなくもない。
IMG_6790 (480x320)

Paris-Brest 。
パリとブレストの間の自転車レースを記念してつくられたお菓子。
IMG_6792 (480x320)



第3課のテーマはカフェ・オレ。
日本では
カフェ・オレ(Café au lait 牛乳入りコーヒー)といいますが,
なぜかフランスでは
カフェ・クレーム(Café crème(クリーム入りコーヒー)といいます。
これは本当です、私もブザンソンの語学学校で
一番初めにこのことを覚えました。

黒木華が朝食を食べに連れてゆかれたのが、
6区サンジェルマン・デ・プレの
La Pallete(ラ・パレット)というカフェ。
Cafe Le Repaire de Cartouche (480x304)
壁に有名画家の絵や、使っていたパレットが飾ってあります。

このお店の朝食セット。
不思議なことになぜか目玉焼きがついています。
IMG_6793 (480x320)

バゲットを半分に切ってバターを塗ったタルティーヌ。
IMG_6795 (480x320)

これにさらにジャムをべっとり塗って、
IMG_6796 (480x320)

カフェに浸して食べるのです。
IMG_6797 (480x320)

この後、Musée Jacquemart-André(ジャックマール・アンドレ美術館)
の中にある Salon de thé でおやつを食べていましたよ。
Musee Jacquemart-Andre (480x306)
壁の絵が凄いですよね。
もう一度パリに行って、ここでお茶をしたくなりましたよ。



第5課Pâté(パテ)で新たに覚えて単語がこれ、
Un moule à terrine(テリーヌ型)。
ムールは部品を作る金型のことだと思っていたので、
こんな陶器の箱をムールと呼ぶとはね。
IMG_6811 (480x320)



第6課Ratatouille (ラタトゥィユ)で
市場に食材を買いに行ったときに出てきた表現。
なにせ私はこういうものを買ったことがないので、
こういう表現も知りません。
IMG_6813 (480x320)
「"une botte de thym"なんて使ってた?」と妻に聞くと、
「こういう場合は "un bouquet de"と言っていたような気がするわ」

une grappe de tomates cerises
IMG_6815 (480x320)

une barquette de myrtilles
IMG_6816 (480x320)

ああ面倒くさいなんて言ってはいけないのです。
フランス人に言わせれば、日本語の
いっ本、いっ冊、いっ個、いっ匹、いっ頭、いち羽、
一人(ひとり)、ひと箱、ふた袋
などのほうがはるかに面倒だと言います。
数字もイチ、ニー、サンのほかに、ひー、ふー、みーだしね。

もっとも私が実際に買い物をするときは、商品を手に取ったり、
指さしたりして、あれください、これくださいで済ませてましたね。
だからこういう表現を知らなくても生きてはいけます。

Ratatouille (ラタトゥィユ)の語源を知りました。
IMG_6817 (480x320)

黒木華の相手のフランス人がつくったラタトゥィユ。
上の写真の材料は煮た後ミキサーにかけて下に敷いてあります。
ずいぶんと手間がかかっています。
IMG_6819 (480x320)

スパークリングワインをアン・ヴァン・ペティヨン
とよぶことを初めて知りました。
確かにシャンパーニュ地方で作ったものだけが
シャンペンを名乗れるのですよね。
IMG_6820 (480x320)



第7課Pot-au-feu (ポトフ)ででてきた骨髄(Os à moelle)。
これ食べたいね。
IMG_6826 (480x320)

11区のポトフ屋(La Repaire de Cartouche)の親父は、
ポトフには軽い赤ワインのピノ・ノワールがいいと言っています。
(ピノ・ヌワールは軽い酒だったの?)
しかもそれをシャブロしろと勧めています。
IMG_6828 (480x320)

シャブロするとは、赤ワインをあとから少し料理にかけてみることです。
こうするとまた別の味が楽しめると親父は言っています。
IMG_6830 (480x320)

食感表現も勉強しました。
tendre 柔らかい、mou 柔らかい・ふわふわの、fondont とろとろの
craque かりかりしている、croustillant ぱりっとしている。




第8課 Révision (復習)ででてきた
BUSTRONOMEというこのバスはいったい何でしょう。
IMG_6831 (480x320)

はとバスのようなパリ市内を観光するバスなのですが
IMG_6833 (480x320)

何とバスの中で暖かい食事が出てくるのです。
バスの一階でシェフが腕を振るっていました。
IMG_6835 (480x320)

こんな豪華な食事です。
IMG_6842 (480x320)

妻は極端に乗り物に弱いので
「絶対にこんなバスには乗らないわ」
と言っています。
このバスは2014年から走っているそうで、今や大人気だとか。
2017年からはロンドンでも走り始めたそうです。
日本でも走りませんかね。

第9課からは黒木華はリヨンに移ってまたアパルトマンを借り、
そこで料理を作ります。
この続きはいずれまた。

関連記事
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/2630-b26a9256