FC2ブログ

島は変われど人は変わらず

.14 2019 関東 comment(0) trackback(0)
6月10日(月)、この日も雨でした。
帰りの船は水中翼のジェット船です。
DSC_2674 (800x600)

今回の懐古合宿を総括してみると、
50年の間に神津島は大きく変貌したということです。
当たり前と言えば当たり前ですが50年はやはり長い。
あのころラーメンは50円でしたからね。

神津島が大きく変わった点。
①道路が立派になった。信号まである
②必然的に車が増えた(軽が殆どだが)
③前浜港も多幸港も巨大な岸壁ができ、漁港も立派になった
④飛行場ができた(27年前)
⑤天上山の登山路、案内板、標識が整備された

島の人口は1970年2100人弱、
2015年1900人弱とさほど減ってはいません。
高校もまだあって生徒数は43人。
漁業と釣り客を中心とした観光業がメインなのは
変わっていないのでしょうか。

しかし、今回久しぶりに会った5人はまったく変わっていませんでした。
確かに外見はジジイになりましたがね。
夜酒を飲みながら延々と話しましたが
考え方は若いころとまったく変わっていませんでした。


これから神津島に行って見たいという方、
花好きの方には7月初旬のサクユリがお勧めですね。

しかしアクセスに船便はお勧めできません。
定期便2等片道6430円で12時間半、
ジェット船片道9900円で4時間弱は
いずれにしても時間がかかりすぎですし、
船酔いに強くないといけない。
乗船の間胃を空っぽにしておいた方がいいでしょう。

船便を使うなら、伊豆の下田まで電車で来て、
そこからジェット船というコースがよいと思います。

飛行機は片道15300円(島民は13700円)と
ちょっとお高いですが、一番早くて安全です。
民宿の女将は飛行機しか使わないと言っていました。
関連記事
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/2740-b9a976f4