FC2ブログ

ブレグジットの真相

.22 2019 読書 comment(0) trackback(0)
イギリスのEU離脱の国民投票の結果は、
アメリカのトランプ大統領就任と同じで、
移民反対、ポピュリズムの台頭という流れの中で起きた
というのが一般メディアの論調になっています。
私もなんとなくそう受けとっていましたが、
そうではないと主張する本を最近読みました。

「労働者階級の反乱 地べたから見た英国EU離脱」
著者はブレイディみかこ。
イギリスの労働者階級の男と結婚し、公営住宅に住み、
保育士をしている女性です。

格差がますます拡大しているイギリスで、
2010年に保守党が政権をとってから、緊縮財政がしかれ、
保育所は次から次へと閉鎖に追い込まれ、失業手当はカットされて、
ついに労働者の怒りが爆発したのがEU離脱国民投票の結果なのだと
著者は言っています。

2冊目が
「子どもたちの階級闘争 ブロークン・ブリテンの無料託児所から」
IMG_2597 (800x449)
ここはまさに英国の地べたです。
十代で子供を産むシングルマザー、子供手当と生活保護だけでは
ろくに子供に朝ご飯も食べさせられない家庭だらけ。
ここでは移民家庭のほうが白人貧困層を差別するのです。
保育の現場から格差と分断の情景をみごとに描き出しています。

今年の全英オープンは68年ぶりに北アイルランド(イギリス領)で開催されました。
IMG_2610 (800x622)
地元の大声援を受けて優勝したシェーン・ロウリーはアイルランドの選手。
イギリスがEUから離脱したら、アイルランドと北アイルランドの間に
国境ができてパスポートコントロールを受けなければなりません。
今日のこの何万人という観客はこの次からは、
パスポートをもってここに来なければならなくなるのです。

江戸時代の松平定信の寛政の改革、水野忠邦の天保の改革は
いずれも贅沢禁止の緊縮財政・デフレ政策で庶民の怒りを買いました。
そのせいでしょうか、
外国では保守党というと緊縮財政を敷くというのが一般的ですが
日本ではなぜか保守政党がインフレ政策バラマキ政策をとります。

おかげで国の借金は世界一という日本ですが、
そのほうがよいという国民の選択が今度の選挙結果なのでしょうね。



関連記事
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/2764-12e42e8c