FC2ブログ

藤よし (博多西中洲)

.20 2019 九州 comment(0) trackback(0)
昨晩に引き続き、博多在住の友人が、
予約を取るのが非常に難しい
焼き鳥の名店「藤よし」をおさえてくれました。
DSC_2867 (480x360)

店の中に入ると昨晩の「せいもん払い」と同じで、
一階がカウンター席、二階が個室で階段を上がったところに
予約者の名前を貼った下駄箱に靴を入れるシステムも同じでした。
DSC_2869 (480x360)

最初に出てきたのがゴマサバ。
DSC_2870 (480x360)
「あれっ?ここ焼き鳥屋じゃないの?」
「何でもありなんですよ、ここは」

次が皮ハギの刺身。
DSC_2871 (480x360)

「これはですね、たれのなかにまず肝を入れてください」
DSC_2872 (480x360)

「肝をつぶして、刺身と一緒に食べると美味しいのです」
DSC_2874 (480x360)

友人が最初に注文した焼き鳥がベンテン。
DSC_2875 (480x360)

ベンテンは豚の雌のコブクロをつなぐ管のようです。
この店でしか食べられないという極上のホルモンです。
DSC_2877 (480x360)

焼き鳥といっても、博多では鶏のほかに牛、豚、ホルモンと何でもありです。
DSC_2878 (480x360)

注文は博多の友人にお任せです。
焼き鳥のおいしさはその店のタレで決まるので、
シオよりもタレで注文するのがいいのだそうです。
DSC_2879 (480x360)

今晩も芋焼酎で、これは紫芋でできた赤兎馬。
赤兎馬とは三国志の関羽が乗っていた千里を走るという名馬です。
昨晩もそうでしたが、博多のボトルキープは一升瓶でやるのだそうです。
01070205_54ac15d214da4.jpg
これをオンザロックでがんがん飲みながら、焼き鳥を食べてゆきました。

最後は手羽。
DSC_2880 (480x360)

もう食べられませんというまで食べましたよ。
やっぱり、食は博多ですね。

今日一緒にゴルフをした、小倉に住んでいる人は現在単身赴任なのですが、
横浜に住む奥さんに相談もせず定年後のためにマンションを中洲に買ったそうです。
その気持ちはわからんでもないですがね。
離婚されないのでしょうか。
確かに博多は食い物はうまいし、姉ちゃんはきれいだし、ゴルフ場も近いし
いいとこづくめの天国ではありますが。

関連記事
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/2801-a98ef9cb