FC2ブログ

真実 La Vérité

.15 2019 映画 comment(0) trackback(0)
3連休が終わるのを待って、
話題の映画 「真実」 La Vérité を観に行きました。
是枝裕和の脚本・監督作品です。
La Verite
映画COM解説
『フランスの国民的大女優ファビエンヌが自伝本「真実」を出版し、それを祝うためという理由で、アメリカに暮らす脚本家の娘リュミールが、夫でテレビ俳優のハンクや娘のシャルロットを連れて母のもとを訪れる。早速、母の自伝を読んだリュミールだったが、そこにはありもしないエピソードが書かれており、憤慨した彼女は母を問いただすが、ファビエンヌは意に介さない。しかし、その自伝をきっかけに、母と娘の間に隠されていた愛憎渦巻く真実が次第に明らかになっていく。女優として優れていることを何よりも優先するファビエンヌをドヌーブ、娘のリュミールをビノシュが演じた。』

日本語吹き替え版は一日3回上映ですが、字幕版は一日1回です。
フランス語が多少わかる身としてはやはり字幕版を観たいものです。
公開から5日目の平日ですが席は半分埋まっていました。
字幕版にしてはけっこうな人気でしたね。

親と子の確執、愛憎というのは洋の東西を問わずあるものです。
お互いに思い違いをしているということもありますからね。
是枝監督は家族というものをいろんな角度から描こうとしているようです。
私と二人の息子たちの間にも、やはりこういう行き違いというのは
いまだに存在しているのでしょうね。

"timing"(タイミング)という単語はそのままでもうフランス語になっていて
家庭教師のマダムがよく使っていた記憶があるのですが、
この映画のドヌーヴも使っていました。
フランス語の発声は日本語と比べると全体的に低音なのですが
二人の大女優の声が低いこと低いこと。
久々に聞いたフランス語は懐かしいものでした。


関連記事
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/2820-bbd6a304