FC2ブログ

「殺人犯はそこにいる」 清水潔著

.16 2020 読書 comment(4) trackback(0)
久々に一日で一気に読了した本だ。
文章はうまいし、なによりも構成がいい。
このての本は嫌がる妻も一気に読了した。
IMG_4499 - コピー
5人の少女が姿を消した。
群馬と栃木の県境、半径10キロという狭いエリアで。
同一犯による連続事件ではないのか?
なぜ「足利事件」だけが“解決済み”なのか?
執念の取材は前代未聞の「冤罪事件」と野放しの「真犯人」、
そして司法の闇を炙り出す―。
新潮ドキュメント賞、日本推理作家協会賞受賞。
日本中に衝撃を与え、「調査報道のバイブル」と絶賛された事件ノンフィクション。
殺人犯はそこにいる
上の地図のように、5件の事件は狭いエリアにありながら、
3件が栃木県、2件が群馬県だ。
日本の縦割り行政では隣同士の県警は仲が悪いと決まっている。
その中の一つ、4番目の事件が、あの「足利事件」である。

一連の事件を同一犯による連続事件だと喝破した著者は、
「足利事件」冤罪の可能性を報じて
菅家利和さんを釈放へ導くとともに、
徹底した取材によって、ついに「真犯人」を炙り出した!
そこで分かったのは、導入されたばかりのDNA型鑑定の闇、
杜撰な捜査とそして司法による隠蔽だった。

2008年の正月から日本テレビがゴールデンタイムで
キャンペーン特番を流し続けていたらしいが
私はあまりテレビを見ないので、この事件のことは
よく知らなかった。
今頃になってようやくこの事件のことを知ったというのが恥ずかしい。

憲法第38条「不利益な供述の強要禁止、自白の証拠能力」
何人も、自己に不利益な供述を強要されない。
②強制、拷問若しくは脅迫による自白
又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、
これを証拠とすることができない。
③何人も、事故に不利益な唯一の証拠が
本人の自白である場合には、
有罪とされ、又は刑罰を科せられない。


これは刑事訴訟法ではない、憲法だ。
日本で最高の法規にこう書いてあることを
警察官は本当に知っているのか、いつも疑問に思う。


そして上の本を読んで、すぐさま図書館に予約をかけたのが
著者を一躍有名にした(知らなかったのは私だけ)
桶川ストーカー殺人事件―遺言 清水潔著(新潮文庫)である。
IMG_4503 (480x269)

ひとりの週刊誌記者が、殺人犯を捜し当て、警察の腐敗を暴いた…。
埼玉県の桶川駅前で白昼起こった女子大生猪野詩織さん殺害事件。
彼女の悲痛な「遺言」は、迷宮入りが囁かれる中、
警察とマスコミにより歪められるかに見えた。
だがその遺言を信じ、執念の取材を続けた記者が辿り着いた
意外な事件の深層、警察の闇とは。
「記者の教科書」と絶賛された、事件ノンフィクションの金字塔!
日本ジャーナリスト会議(JCJ)大賞受賞作。

1999年10月26日白昼、
埼玉県のJR桶川駅前で21歳の女子大生猪野詩織さんが何者かに刺殺された。
執拗なストーカー行為(父親の会社などへ数百通の嫌がらせ手紙、
自宅周辺のビラ貼り・街宣車での放送・押しかけ脅迫などなど)を受け、
それを警察に訴えていたにもかかわらず起こった悲劇だった。
捜査は難航、迷宮入りかともいわれたが、
ひとりの雑誌記者が警察に先んじて犯人を特定、犯人逮捕へと導いた。
その後、この記者による記事から埼玉県警の不祥事が発覚。
全国的な警察批判が高まった。

これも一気に読了。
お勧めの2冊である。
横浜市立図書館予約順位1位で
簡単に入手できる。

(追伸)
「殺人犯はそこにいる」という本の存在を知ったのは
「Black Box」という本の中で言及があったからである。
black box
著者伊藤詩織(本の表紙の人物)が
元TBSワシントン支局長の山口敬之に
強姦されて警察に訴えたものの、
山口が安倍首相と親しいことを忖度した警察官僚が
逮捕状を取り消させ不起訴とした事件である。
結局、民事で争い賠償金を勝ち取ったというものだ。
この著者が清水潔に相談していたのである。
関連記事
スポンサーサイト



sakyo
推理小説ではなく、ノンフィクションであることに恐怖を覚えました。
警察、検察だけでなく、官僚って一人一人は優秀で立派な考えをお持ちの方が多いのに、組織に組み込まれると正義を貫くことが出来なくなるのは本当に残念ですね。
2020.02.06 15:09
豊栄のぼる
Sakyoさん、
おっしゃる通りです。組織のメンツというやつがこうさせるのでしょうか。私は今まで死刑賛成論者でしたが、これらの本や、清水潔のその他の著作を読み通して、本当に人間は正しい裁判ができるのかという疑問を持ち、いまでは無期懲役でいいのではないかと考えています。時効もなくすべきですね。
2020.02.06 21:10
sakyo
死刑を廃止すべきかどうかは副作用も考えると難しい問題ですね。
(冤罪と凶悪犯罪の防止のどちらに重きをおくべきか?)
官僚が人命にかかわる真実を隠蔽してまで組織を守ろうとするのは、もはやメンツや保身というよりも、洗脳された宗教団体のような深い闇を感じました。
2020.02.06 22:45
豊栄のぼる
Sankyoさん、
たった一人でも冤罪で死刑執行されることは避けなければなりません。日本では二人以上殺さないと死刑にはなりませんから、抑止効果はもともとなかったと思います。私が死刑賛成論者だったのは、被害者の親族の気持ちを考えていたからです。
2020.02.06 23:45

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/2877-0d0f3382