FC2ブログ

ブルターニュの5月の花

.14 2020 ブルターニュ懐古旅行 comment(0) trackback(0)
今から5年前の2015年5月14日~28日に
ブルターニュ懐古旅行をしたのですが、
その時に撮影した花で今まで名前のわからなかったものがありました。
ステイホームの無聊を慰めるために
"Picture This" というAIで花の名前を教えてくれるスマホアプリで
調べてみたらどうだろうと思いついたのです。
そのためにはパソコンの画像をスマホにメールで送らなければなりません。
その結果5つの花の名前が判明しました。

キャランテックの町で見たこの不思議な植物。
Echium Pininana (1000x563)
学名:Echium Pininama
英語名:Blue Steeple Tower of Jewels(宝石の青い尖塔)
大西洋に浮かぶ島カナリア諸島原産。
Pininamaはラテン語で小さい松の木の意味。

日本名は宝石の塔だそうです。
宝石の塔 (553x1000)


レンヌの街中で見たこのこんもりとした茂み。
ピラカンサス01 (1000x563)

なんのことはない、今我が家のそばでも咲いている
ピラカンサスの花でした。
ピラカンサス02 (1000x563)
こんな大きな茂みのピラカンサスを日本で見たことがなかったので
思いつかなかったのです。
ということは冬になるとこれが真っ赤な塊になるのですね。

プラス・ド・ブルターニュに植えられていたこの花は
ゴジアオイ (1000x563)
ゴジアオイ(午時葵)ハンニチバナ科でした。地中海沿岸原産。
アルカリ性土壌を好み、高温多湿に弱いため、
日本の気候風土には不向きで、ほとんど栽培されていない(Wikipedia)。

タボール公園で見たこの花は
エルサレムセージ01 (1000x563)

エルサレムセージ(シソ科フロミス属)。
名前の通り地中海東部の原産でした。
日本では植物園くらいしか栽培していないそうです。
エルサレムセージ (1000x563)

ポンタヴェンの町の川の上にせり出していたこの木はギョリュウバイ。
ギョリュウバイ (1000x563)
ギョリュウバイ(檉柳梅、学名:Leptospermum scoparium)は
フトモモ科ギョリュウバイ属の常緑低木。
ニュージーランドとオーストラリア南東部原産で
マオリ語でマヌカ(Manuka)。
英語名: New Zealand Teatree

このアプリでも解答不能の花はまだありましたが、
長年の謎が解けてすこしストレスが減りました。

関連記事
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/2970-f9f17f00