FC2ブログ

防災服

.31 2011 ブログ comment(0) trackback(0)
マダム・クーニーからメールを貰いました。
Pouvez-vous me dire pourquoi , le premier ministre japonais ou un autre élu porte une tenue gris bleu quand il parle à la télé et non un costume comme d'habitude ?
「日本の首相や国会議員がテレビの前でしゃべる時、いつもの服ではなく、青灰色の服装を着ているのはなぜでしょうか?教えてください」

来ましたね。
マダム、これはよい質問です。
Kokkai.jpg

Edano.jpg Kan.jpg Tanigaki.jpg Renhou.jpg

我々日本人は、災害があった時、県知事や自治体の長が消防士のような防災服を着て、
被災地の視察をし、インタビューに答える風景を見慣れているので、
それほど奇異にも感じていないが、フラン人から見たらこれはおかしな風景でしょうね。

視察のときならともかく、国会では防災服は必要ないでしょう。
蓮舫議員が襟を立てて非難されたりしていますが、
要はこれは政治家のパフォーマンスでしかないのです。
ですがこういうパフォーマンスを要求する国民がいることも確かなのです。

被災地の方に、
「私はあなたとつながっていますよ」
という 連帯感 を示すにはよい方法だと思います。

ただ、やりすぎると、次のような記事になりますね。
2011.03.31産経ニュース
民主党がお揃いの防災服新調 党内から「パフォーマンスしている場合か」の声

東日本大震災を受け、民主党は国会議員や秘書が着用するおそろいの防災服を
あつらえることを決めた。右腕には「民主党」の文字と、赤い丸を2つ重ねた
同党ロゴマークが入るデザイン。党総務委員会が議員に配布した「党防災服購入の
ご案内」によると、色は濃紺。サイズはSSから5Lまで8種類を用意し、金額は
5千円程度。4月中旬に配布する予定だ。
防災服をめぐっては、閣僚が各省庁の防災服姿で国会答弁している姿についてすら、
「現場に行くわけでもないのにわざとらしい」(若手)との声もある。
遅まきながら形から 入ろうとする民主党らしい取り組みにも、
党内から「パフォーマンスをしている場合か」(中堅)
と冷ややかな声が上がっている。


自宅近くを散歩中に、4色を発見しました。
青い空を背景に、白(コブシ)、赤(紅梅)、黄(レンギョウ)のそろい踏みです。
レンギョウはフランスはブルターニュのレンヌのルイーズ・ミッシェル小学校にも植えられていました。
quatre+couleurs_convert.jpg
Bleu(Ciel) +Blanc(Magnolia kobus) +Rose(Abricotier du Japon) +Jaune(Forsythia)
関連記事
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/305-11262cec