FC2ブログ

うし年に願う(忍耐と慈悲)

.05 2021 ブログ comment(0) trackback(0)
実家の菩提寺である太平寺から年会費を納めているためか
毎年吉祥歴が送られてきます。
IMG_7372 (1000x544)
その中に「うし年に願う」という小冊子があり
次のように書かれていました。

「牛は仏教と関わりが深く忍耐と慈悲の象徴。
仏教の教えでもある忍耐と慈しみの心をもって新年を迎えよう」

「ゴータマ・シッダールタ(お釈迦様の本名)のゴータマとは
種族の流れをくむ名で最上の牛という意味である」

「十二支にはそれぞれ守本尊があり、
うし年生まれの一代守り本尊は虚空蔵菩薩と定められている」
IMG_8616虚空菩薩 (1000x561)
(2019年3月 東大寺で撮影。大仏の左が虚空蔵菩薩)

今年は年男でもあり、干支(えと)について調べてみました。
昔はこれだけのことを調べるというと図書館に行ったりして大変でしたが
今はネットで簡単にできます。
まず、ワイン屋の暦年齢干支一覧表から
生まれた年の1949年の干支は己丑(つちのとうし)、
還暦の2009年は当然ながら暦が一回りして同じく己丑(つちのとうし)、
そして今年2021年は辛丑(かのとうし)。

「己(つちのと)」とか「辛(かのと)」とかよくわからんなということで
十干十二支を調べました。
スキャン_20210105
「えと」というのは陰陽五行説から来ているようで、
木火土金水の五つに陽の「え(兄姉)」と陰の「と(弟妹)」の
二つを組み合わせたようです。
従って60年サイクルの暦は
1年目甲子で始まり → 2年目乙丑 →→→ 60年目癸亥で終わります。

この暦は歴史の事件の名前にも付けられていますね。
私でも知っているところでは、

乙巳の変(いっしのへん)(645年)。
私たち団塊の世代はこれを「大化の改新」と習ったのですが、
今の子供は「乙巳の変」と習うようです。
蘇我入鹿を殺したのが乙巳の変で
そのあとの体制変革を大化の改新というのだとか。

壬申の乱(じんしんのらん)(672年)
戊辰戦争(ぼしんせんそう)(1868年)
辛亥革命(しんがいかくめい)(1911年)

甲子園(こうしえん)(1924年開場)
60年の暦の最初の年が甲子(きのえね)なので
めでたい年でした。

今日はだいぶ勉強したぞ。
関連記事
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/3113-d5bc6501