FC2ブログ

敗北を抱きしめて

.02 2021 読書 comment(0) trackback(0)
本を読んでこんなに興奮したのは「サピエンス全史」以来久しぶりです。
IMG_20210225_163410 (1000x544)
最近読売新聞で青木保さんという文化人類学者の自伝を連載していたのですが、
青木保さんをそもそもよく知らなかったので、
彼の代表作という「文化力の時代(21世紀のアジアと日本)」という本を
借りてきて読みました。
その本の中で彼が推奨していた本が
ジョン・ダワー著「敗北を抱きしめて」と
ハーバート・ビックス著「昭和天皇」だったのです。

敗北を抱きしめて(原題 Embracing Defeat)というタイトルが
なかなかいいじゃないですか。
日本の戦後史というのは知っているようで
実はあまりよくは知らないものです。
現代史は高校3年の3学期に教えることになっているようですが
大学入試の範囲には入っていないので全然勉強していなかったのです。

この本は2001年に日本で翻訳が出版され、
当時相当話題になったそうですが、
生憎とその時私はシドニーに赴任していて
この本の存在を知りませんでした。

しかしこの著者ジョン・ダワーは実によく調べていますね。
戦後のカストリ雑誌や漫画までよく目を通しています。

私が一番興奮して読んだのは下巻の日本国憲法の生成過程でした。
日本国政府にはポツダム宣言の要求を満たすような
憲法草案を作成する能力はないとマッカーサーが見限って、
GHQの部下に一週間で作れと命じたのが1946年2月4日でした。

この写真がすべてを物語っています。
マッカーサーの指示は、天皇裕仁を擁護することにありました。
2019022500005_3.jpeg
ギャラップ調査によれば、当時アメリカ人の70%は
天皇の死刑または厳罰を望んでおり、
日本国内でも前首相東久邇宮、近衛侯爵、三笠宮などは
昭和天皇の戦争責任を口にし、退位を迫っていたそうです。

マッカーサーとしては東京裁判で天皇裕仁の戦争責任が
訴追されないようにしたかったのです。
そのために憲法で天皇を国民の象徴に祭り上げて
置くことが急務だったのです。

私は今まで、憲法のしょっぱなに「天皇」とくることに
すごい違和感を感じていたのですが、
ようやくその理由がわかって納得しました。

GHQ案を示された日本政府が抵抗できたのは
一院制を二院制にすることと
Peopleを人民ではなく国民と訳して
第三国人(朝鮮、台湾、中国)を排除することくらいでした。
この時国民という日本語が生まれたのです。

日本の女性にとって幸いだったのは憲法制定委員のなかに
22歳のユダヤ系女性、ベアテ・シロタがいたことでした。
彼女は15歳まで日本で育ち、女性の差別や特高警察のことを
よく知っていたのです。
合衆国憲法でも両性の本質的平等を保障する規定は
明示されていないそうです。

憲法第24条
婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立し、
夫婦が同等の権利を有することを基本として・・・

この素晴らしい条文は彼女のおかげです。

憲法第66条②
内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない
という奇妙なとってつけたような条項があります。
憲法9条で軍隊を持たないとしているので
軍人なんか存在しないはずなのです。

これは極東委員会が介入して後で付け加えた条項なのだそうです。
だから不自然なんですね。

この憲法を作る時の話が一番面白かったです。

中学校の教科書に日本国憲法の三大原則というのがあります。
「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」
よく言うよ!後から付けた屁理屈ですよね。

憲法では「検閲はこれをしてはならない」となっていますが、
GHQは検閲のしまくりですが、何が禁止されたのかが興味深いですね。

今の若い人、特に大学生にぜひとも読んでほしい本です。

関連記事
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/3147-3a20d999