FC2ブログ

ユリノキ Tulipier de Virginie

.28 2011 花(木の花) comment(0) trackback(0)
ソメイヨシノの桜のトンネル、ヤエザクラ、ハナミズキ、ハクウンボク、
ヤマボウシと花の咲く順に、我が町の並木を紹介してきたが、
最後はこれユリノキである。

モクレン科ユリノキ属。
北アメリカ中部原産で、花がチューリップに似ていることから、
英語ではTulip Tree という。フランス語でTulipier de Virginieというのは
最初の原木がヴァージニア州から来たのかもしれない。

Wikipedia によれば、日本には明治初期に渡来、
成長が早く、蜜源植物としてよい蜜がとれ、
器具・建材・合板・楽器・ソーダパルプの材料となると書かれている。
言うことなしである。
杉の木の代わりにこの木を植林していれば、
花粉症問題も起きなかったかもしれない。

花は確かにチューリップに似ているらしいが(?)、
何せ高木なので、花は下から見上げて、望遠で撮るしかない。
yurinoki 002
一度でいいから
どこかビルの窓などから花を上から覗いてみたいものだと思っている。

初めてこの木の名前を知ったのが、多分小石川植物園だったように思う。
大きな解説板があったように記憶している。
ただその時は花の季節ではなかった。
その次に、この木を認識したのが水戸の植物園で、
その時に花を始めて見たのである。これは水戸の写真。
yurinoki+003+Mito+2008-05-17_c.jpg

何のことはない、我が家の近くにユリノキはいくらでもあったのだ。
これは駅前の交差点からみたユリノキの並木。
yurinoki 004

これは公園のユリノキで秋には美しい紅葉になる。
yurinoki 009

名前を知って木を見ると、ただ漫然と見るのに比べて、
愛着がわいてきて、頑張ってるねといってやりたくなるのは
人情というものか。

関連記事
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/350-410a7431