FC2ブログ

夏至のジャカランダ Jacaranda

.22 2011 花(木の花) comment(2) trackback(0)
自治会のクラブの方から、ジャカランダが咲きましたよ、
というメールをいただきました。

今日は夏至、30度を超す猛暑日になるというので、
早めに散歩に出ました。
今朝は富士山が丹沢山塊の上に白い頭を出していました。
この時期に富士山が見えるのは珍しいことです。
(写真を撮ったのですが、空が明るすぎて写っていませんでした)

隣町のこのお宅のジャカランダは数年前に地域口コミ誌に載ったそうです。
アルミの枠は恐らく冬の間ビニールシートをかぶせて、
ジャカランダを寒さから守るためだと推定されます。
Jaccaranda 001
日本では宮崎県の道の駅「なんごう」でジャカランダ祭りをやっていますが、
熱海のお宮の松のそばにもジャカランダは植えられているらしいのです。
ただ、日本では葉っぱが先に出てしまうので、
花の素晴らしさがいまいちになってしまいます。

何枚か写真を撮ったのですが、逆光とピンボケでよい写真が撮れませんでした。
夕方のほうが逆光にならなくてよい写真が撮れたかもしれません。
なんとか見られる写真はこの一枚だけでした。
Jaccaranda 002

この町内を歩いてみて、
娑羅双樹を玄関脇に植えているお宅が非常に多いことに気付きました。
10軒近くは見かけたように思います。
沙羅双樹ナツツバキ01
鎌倉の明月院でも娑羅双樹という札をこの木にぶら下げていました。
よく調べて見ると、
お釈迦さまが亡くなった時に花を咲かせた樹木だというインドの娑羅双樹は
日本では寒さのため育たないそうです。
日本ではこのナツツバキを娑羅双樹と呼んでいるそうで、
平家物語の冒頭に出てくる娑羅双樹とはまさにこの木のことらしい。
沙羅双樹ナツツバキ02
この花は、まさにツバキのごとく散らずに花のままぽたりと首を落とすので、
諸行無常の象徴と考えられたらしいのです。

散歩から帰って来た時には、富士山はすでに雲の中に隠れていました。

午後一時過ぎに、母を病院に送ってゆく時、
私の車の温度計は35度でした。

今日は家にこもっているほうがりこうです。

関連記事
スポンサーサイト



Apfel
こんにちは。
日本は全国的に暑さが続いているようですね。
ジャカランダ、見た目は清楚で、
またその色合いも涼しげな美しいお花ですね!

お宅のそばから富士山が眺められるとは、
羨ましい限りです。
2011.06.24 19:35
豊栄のぼる
Apfelさん、
そうです、降れば大雨、晴れれば猛暑です。
ジャカランダを日本で育てるには寒すぎるのでしょう。
以前いたシドニーでは葉なしで、花だけ桜のように満開になるので見ごたえがありましたが、これでは確かに清楚な印象しか与えませんね。
2011.06.25 08:35

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/369-408bba8b