FC2ブログ

イトウリ Courge spaghetti

.31 2011 フランスの生活 comment(0) trackback(0)
家内の島根の実家から野菜を送ってきた。
その中に三個も入っていたのがこれ。
イトウリ。家内の大好物である。
イトウリ 001

イトウリをGoogle で検索すると、糸瓜=へちま?ですか、と聞いてくる。
「違う、イトウリだちゅうてるのに、勝手に変えるな」
と怒りながら個々の記事を当たってゆくと、
へちまのことを言っている記事もあるが、
私の言うイトウリのことを書いている方が多い。

正式には「キンシウリ 金糸瓜」というらしい。
Wikipedia によれば、
ウリ科カボチャ属Pepo種に属する一年生の西洋カボチャの一変種で、
アメリカ大陸原産となっている。
(カボチャの原産地は南北アメリカなので当然か)
家内の実家ではイトウリまたはそーめんカボチャとよんでいたとのこと。

家内の実家も同じ島根県なのに、私がこういう風に伝聞でいうのは、
家内と結婚するまではこれを食べたことがなかったからである。
実は私の母がこれを嫌いで、
栽培もしていなければ食べさせてくれたこともなかったのだ。

実に不思議なウリで、湯がくと果肉の部分が勝手にばらけて麺のようになる。
包丁で切ったわけではない。
(これは今日の昼食に出てきた時の写真である)
イトウリ 002

これを我が家では、醤油かマヨネーズで食べる。
いわば野菜そうめんのようなもので、これ自体に味はないので
三杯酢でも麺つゆでも、サラダドレッシングでもいいらしい。
家内は実にうまそうにいくらでも食べるのである。

関東のスーパーではまず売っていなくて、
家内によれば、茨城の農協の野菜直売所と
銀座裏のみすぼらしい八百屋で見かけたことがあるが、
この横浜では見かけたことがないという。

不思議なことにフランスでは市場でこれを売っているのだ。
Wikipediaの金糸瓜からWikipedia francais にとぶと、
Courge spaghetti(スパゲッティウリ)という名前が出てくる。
レンヌの朝市でこのイトウリを見つけた時の
家内の喜び様と言ったらなかった。
お陰でフランスでもこれをさんざん食べさせられたものである。

Webで検索している中で、
イタリア人はこれを糸状にばらさないでソテーにして食べる
という記事を目にした。
ぜひソテーにしてもらいたいものだ。
関連記事
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/393-e4c7f7b7