FC2ブログ

キバナコスモス Cosmos sulphureus

.27 2011 花(草花) comment(2) trackback(0)
今日は我が町の夏祭りで、
私は自治会の手伝いで一日中ヤキトリを焼く予定でした。
ところが昨日の大雨で中止となり次週に延期という連絡が入ったのです。

急に予定がぽっかりと空くと、何かしたくなるものです。
昨日のNHKで秦野市でキバナコスモスが見ごろを迎えましたと
映像が流れていたのを思い出して検索してみると、
「田原ふるさと公園」で咲いているというではないですか。
7月にヤマユリを見に行った弘法山公園の近くです。

ちょっと車を飛ばしてみました。

「だまされー!」でした。
キバナコスモス 001

わずか一反ほどの畑に植えられているだけでした。
キバナコスモス 002

わざわざNHKで放映するくらいだから、
座間市のヒマワリ畑くらいの広さを私が勝手に想像していただけなのです。
キバナコスモス 003

キバナコスモスの間に白い花が混じっています。
キバナコスモス+004_convert_20110827171145

そばの花でした。
ブルターニュでももうそばの花が咲いている頃ですね。
今度はそばの花を探して見に行かねばなりません。
キバナコスモス 005

この公園はふるさと公園というくらいですから、
周りは稲穂の垂れる田んぼです。
稲穂001

一応無料の駐車場もあり、蕎麦屋と近くの農家の野菜の直売所が中心にあります。
駐車場には私と同じようにNHKにだまされた車が10台ほど止まっていました。
水車小屋も作ってあります。
公園001

当然池もあります。
公園002

ヤブラン(ユリ科)Liriope muscari が盛りと咲いていました。
ヤブラン(ユリ科)Liriope+muscari+01_convert_20110827171233

池のそばにナスの花に似た野草が群生していましたが、
たぶん、イヌホオズキ(ナス科)かワルナスビ(ナス科)と思われます。
イヌホオズキ(ナス科)

どういうわけか唐突にフランス語が出てきます。
こんな田舎でフランス語を持ちだしてもしょうがないと思うのですが、
おフランスの薫りを出したかったのでしょう。
公園003
(写真をクリックすれば拡大して看板の字が読めます)


拾いものは、この公園のすぐ隣に、
「源実朝の御首塚(みしるしづか)」があったことです。
源実朝御首塚001
(写真をクリックすれば拡大して看板の字が読めます)

鎌倉の鶴岡八幡宮の大銀杏の木のそばで暗殺された、
鎌倉三代目将軍、源実朝の首は行方不明になって、この近くで発見され、
ここに葬られたのだそうです。
源実朝御首塚002

この地では「実朝まつり」があり、歌詠みが盛んらしく、
たくさんの和歌が奉納されていました。


関連記事
スポンサーサイト



ココン
ふるさとを愛でる心をMon Paysで表したのは面白い。日本は自然がきれいで、皆が大切に守っているのが救われます。
2011.08.29 06:30
豊栄のぼる
ココンさん、
あちこちに「ふるさと村」という公園があって、昔の農村風景を残そうとしていますね。
でもコメを作っても赤字になるだけなので、休耕田が増えています。
2011.08.29 09:43

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/408-87fb565b