FC2ブログ

モン・サン・ミッシェル

.30 2010 フランスの生活 comment(4) trackback(0)
モン・サン・ミッシェルはブルターニュの赴任者にとって
決して忘れられない思い出の場所である。
なぜなら、日本からお客様が来ると必ず連れて行くため、
誰でも十回は訪れているからである。

今でこそ、世界遺産ばやりで、テレビで、これでもかというくらい
どこかのチャンネルでモン・サン・ミッシェルの映像や訪問記を流している。
一時期ホンダのCMにも使われていた。
昔は日本ではこれほど有名でなかった。
大体地元にいる我々が世界遺産などという単語を知らなかったのである。
当時はTGVも高速道路もなく、パリから遠いため、
日本のパッケージツアーにも組み込まれていなかったためである。

今ネットでのぞいてみると、モン・サン・ミッシェルに行くには
TGVでレンヌに行き、そこからバスで1時間20分となっている。
今は道路がよくなったのでこのくらいの時間で行けるが、
90年代当時はレンヌから車で3時間くらいかかったように思う。

レンヌからの旧街道は丘を登り、谷を下り、渓流のそばの曲がりくねった道をなぞり、
といった具合で、ときどき牛の大群に行く手を阻まれて、
目の前で糞をぼたぼた落とされたこともある。
ようやくポントルソンの町(注1)に出ると、
そこから麦畑の地平線の上にぽつんと小さな黒い尖がりが見えてくる。

この黒い尖がりは、カーブを曲がるたびに見えなくなり、
次に見えた時は前よりも大きくなっている。
これを繰り返すうちに、どんどんと大きくなり、期待感も増すのである。
そして、しばらく見えなくなるのであるが、

ホテル街を抜けてカーブを曲がった瞬間、
目の前にドーンと突然にモン・サン・ミッシェルがその威容を現す。
MStMichel0003.jpg

初めての人は誰でもウワーと声を上げる。声を上げなかった人はいない。
MStMichel0002.jpg

バックが海と空しかないので、余計にその大きさが強調されるのであろう。
軍艦をイメージさせる大きな要塞である。
手前は草原と干潟で、草原では羊が草を食んでいる。
この羊さんはフランス料理における最高の食材であると
「おいしんぼ」という料理漫画で紹介されているが、
いつもいるとは限らないので、運よく当たった人はずうずうしく車を止めて
写真を撮っておかねばならない。
(私は残念ながらこの羊にあたったことがない)

城門をくぐると、中は江ノ島や金毘羅さんと同じく
土産物屋が狭い参道に沿って並んでいる。
城門のすぐそばには「プーラールかあさんのオムレツ」で有名なレストランホテルがあり、
食べないまでもオムレツを作っているところは通りから覗けるので見逃してはならない。
「シャカシャカシャッシャ、シャカシャカシャ」という
リズム感のある卵のかきまわしは見ているだけで楽しい。

お食事はお勧めしない。このオムレツ、当時でなんと一皿3400円(注2)もした。
「エエー、ウソー」といって席を立ちたいほどだった。
レンヌの街中で、奥様方が集まって、たまの息抜きにする昼食会のコースが
1000円で上がるのである。
ミシュランのひとつ星のレストランの料理でも一皿1500~2000円であった。
オムレツだけで食事は済まないから、飲み物やデザートも含めるともっとかかった。
今の値段がいくらかは知らないがもっと値上がりしているはずである。

プレーンオムレツで味も薄味で感激するほどではない。

どちらも手早く作れて、おかみさんが考案した玉子料理ということであれば、

人形町の「玉ひで」の親子丼1500円のほうがよほどうまくて感激するはずだ。



(注1)佐藤賢一「双頭の鷲」の主人公のモデル「ベルトラン・デュ・デクラン」は
ポントルソンとモン・サン・ミッシェルの守備隊長に任命されている。

(注2)物価および為替は90年代前半当時のレートで表示しています。
1フラン=20円、1ユーロ=6.65フランx20円=133円
関連記事
スポンサーサイト



三十路オンナ
こんにちは!

モン・サン・ミッシェル、いいですね♪
何度もいかれて
本当にお詳しくて
勉強になります!

オムレツも有名ですが、
もし、行くことがあったら、
他のものを食べることにします(w)
2010.04.30 18:05
豊栄のぼる
三十路オンナさん、
でもほかに大したものはないですね。生ガキか、フルイドメール(海鮮塩ゆで)か子羊のソテー(ポワレ・ド・コテダニョー)くらいですかね。
2010.04.30 20:49
ココン
大分前になりますが、ウエスト・フランスが出しているガイドブックのシリーズでモン・サン・ミッシェルの翻訳をしたこたがあります。
歴史を詳しく知ることができたので、いつもこの要塞に足を踏み入れると身が引き締まる思いがします。
遠くから見るその姿は、本当に神秘的ですね。
2010.05.02 06:32
豊栄のぼる
ココンさん、
そうです、遠くから見ているのがよいのです。
2010.05.02 07:00

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/42-86d24679