FC2ブログ

ベルセルク Berserk

.19 2012 映画 comment(0) trackback(0)
渋谷で三浦建太郎原作 「ベルセルク」 を見た。

1989年から今まで22年間連載が続いている漫画らしい。
私は漫画誌「ヤングアニマル」は買ったことがないし、
テレビアニメにもなったらしいがそれも見ていない。

それを今年中に一挙に三部作を公開するということなので、
チャンスである、これを見逃す手はない。
最初を見逃すとあとが面白くなかろうと是非にと見に行ったわけである。
ベルセルク1
"Berserk" un film d'animation japonais

なかなかの出来である。

まず絵が綺麗である。

私は絵が汚い漫画はまず見たくない。

次に、画面が明るいのがよい。

CGを使った映画ではやたらと画面の暗いものが多い。
あれはなぜなのだろう、絵の継ぎ目を目立たなくするためなのだろうか。
暗いと見る方も疲れてしまう。
ベルセルク2

まず、重装備の騎士のガチンコ勝負の戦争場面から映画は始まる。
物語は中世のイギリスが舞台のヒーロファンタジーのようだ。

私はこの種のファンタジーが嫌いではない。
いや大好きといってよいだろう。

若い時は、
エドガー・ライス・バローズ「火星」シリーズ
ロバオート・E・ハワード「英雄コナン」シリーズ
リン・カーター「レムリアン・サーガ」シリーズ
などを全巻読んでいる。
今でも島根の実家の倉庫の本棚にあるはずである。

栗本薫「グインサーガ」はフランスに渡った時に
30数巻で途切れてしまったのだが、
長男がそのあとの巻をいつのまにか揃えていたので、
続きを読みなおすかどうか今迷っているところだ。

最近では、茅田砂胡「デルフィニア戦記」を
図書館で借りてきて全巻読了した。

第2部は6月公開。待ち遠しい。



関連記事
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/534-577b4b00