FC2ブログ

館内ツアー Fujiya Hotel 2

.27 2012 関東 comment(0) trackback(0)
「夕方4時から、富士屋ホテルの館内ツアーが開催されます。
時間は45分掛かりますが、
参加券を買い物の時にお出しいただければ10%割引になります。」

ということで、中庭に集合したのが約50人。

中央のガイド嬢がいま右手に掲げているのが、
三代目のお髭の山口正造の写真です。
彼は日光金谷ホテルの創業者の次男で、海外留学していて、
当時の富士屋ホテルの経営者に惚れられて、
ぜひ入り婿にと迎えられたのだそうです。

富士屋の歴史の詳細はこちらのサイトを見てください。

ツアー01

馬鹿息子に跡を継がさせるより、できのいい男を探してきて
入り婿にさせるのが、企業発展にはいい方法ですね。
金谷ホテルもカレーライスが有名ですが、
ここ富士屋ホテルでもビーフカレーが有名です。
何かの偶然なのでしょうか。

このレトルトは妹へのお土産にもちろん買いましたよ。
参加券を出して、10%割引を受けました。
ツアー02

これは本館の庭に面した、入り口の回転扉。
日本最古の回転扉だそうです。
上の彫刻も立派ですが、こういう彫刻はいたるところにありますね。
ツアー03

写真はどこでもOKですが、列に遅れないようについてきてください、
ということでガイドさんのあとについて館内を一周することになりました。

廊下の壁にある壁画。
ツアー04

室内温泉プール。
ツアー06

そもそもミュージアムがあるというのが凄い。
というか、このホテルはいわば、エジプトのピラミッドのようなもので、
過去の栄光の歴史を売り物にして、今商売をしているわけですね。
ツアー07

美智子様が、御結婚前に家族で宿泊された時の写真。
ツアー08

昭和天皇が皇太子の時のゴルフの写真。
ツアー09

ジョンレノンとオノヨーコ。
ツアー10

チャプリンと三代目正造の写真。
とにかく外国人専門の洋風ホテルとして開業したわけですから、
外国の皇族や有名人の宿泊写真が目白押し。
ツアー11

メインダイニング館入り口そばの彫刻。
ツアー12

いよいよ、家内がぜひ内部を見たいと言っていた、
メインダイニング館。
ツアー13

おおー、素晴らしい。
ツアー14

天井は一枡ごとに絵が描いてありますね。
ツアー15

どの柱の下にもこの彫刻がありますが、
ひげの三代目正造をモチーフにしており、
従業員を監視しているのだそうです。
ツアー16

梁にもらんま彫刻が。これは十二支をモデルにしているとのこと。
ツアー17

十二支の一つ、馬。
ツアー18

ところで、廊下には、こういうショウウィンドウがあり、
いろんな企業が広告をしています。
ツアー19

この広告料はいくらなのか気になってしまいます。
ツアー20

今の持ち主の国際興業の経営方針は、
過去の歴史を売り物にした大衆化路線で、
ツアーバスを受け入れて、稼働率アップを目指しているようです。

そうでないと私なんぞがここに宿泊する気にはなりませんね。

夕食の様子は次回。
関連記事
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/679-78e531e4