FC2ブログ

ボジョレヌヴォー2012

.16 2012 食と料理 comment(0) trackback(0)
今年もボジョレヌヴォーがやってきた。
あざみ野駅で屋台が出ていた。
ここは地下鉄への乗り換え口の前で、
いろんな店が入れ代わり立ち代わりで店を出すが、
ここのショバ代はいくらなんだろうかといつも気になる。
baujolais 001

我が家は、図書館に本を借り換えに行った帰りに、
スーパー丸正で棚においてあったのを一本買ってきただけ。
このスーパーは熱心に売る気がなく、ポップも書くわけではなく、
普通のワインの中にさり気なく置いてあるだけだった。
Baujolais 002
Beaujolais Nouveau 2012 (Laboure-Roi) ,en bouteille en plastique, @1380yens=13.5euros

今年はボジョレ村では不作だったが、
最大の消費地である日本向けを最優先に出荷したとか。
それはそうだろう、このペットボトル入りが1380円なのだ。
これで儲からないわけがない。

以前書いた「ワインの値段」の記事の中で、
銘酒といわれる八海山・剣菱・菊正宗の平均値が@937円/750mlなのだから、
ワインも500円くらいにしないと消費は増えないと書いたものだ。

そうは言っても、ユーロが安くなったせいであろうか、
同じラブレ・ロワのペットボトル入りが2010年は1609円だった。
15%安くなっている。
私の2010年のボジョレヌヴォーの記事にそう書いている。

どういうわけか、昨年2011年はボジョレに関しては
何も記事を書いていない。
毎年の値段を書いておくことは良い記録になるので、
これからは日記としての活用を図ろうと思う。

興味半分で、ペットボトルの重量を計測してみた。
59gだった。
空のガラスのワインのビンが404g。
その差345gもある。
たしかにこれを航空運賃に換算すると、凄いコストの削減になるね。
(59+750)/(404+750)=0.70 で一本あたり30%の重量減になる。
輸入元のサッポロビールの努力は認めよう。



関連記事
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/765-b444125b