FC2ブログ

イカリソウ(碇草)

.30 2013 花(草花) comment(0) trackback(0)
今日は枡形山か神代植物公園に
最後の花見でもゆこうかと話していたのですが、
今にも雨の降りそうな曇り空で、
おまけに真冬のような冷たい風が吹いています。
母をデイサービスに送り出して手は空いたものの、
家内も私も家でおとなしく読書に方針変更しました。

昨日の薬師池公園の萬葉草花苑で見かけた春の花を
ご参考まで。

イカリソウ(碇草)メギ科イカリソウ属
バイアグラと同じ作用をする成分を含んでいて、
昔は強壮剤として使用されたこともあったとか。
イカリソウ(メギ科)_copy

この花の名前を覚えたのが、昨年4月後半に、
さいたま市の見沼にクマガイソウを観に行った時でした。
ですから、この花は本来4月から5月にかけて咲く花なのです。
それがもう咲いていました。

シロバナイカリソウ。
白い碇草は珍しいのではないかと思います。
昔の舟の碇(いかり)は十文字の形をしていたのだそうですね。
シロバナイカリソウ(メギ科)_copy

クサノオウ(瘡の王)ケシ科クサノオウ属
この花は初めて見ました。
毒を持っているのだそうですが、
それを逆用して、水虫や陰金田虫の薬草として用いたとのことです。
クサノオウ(ケシ科)_copy

タンチョウソウ(丹頂草)ユキノシタ科イワヤツデ科
あまりインパクトの無い花ですが、これも初めて見ました。
タンチョウソウ_copy

エイザンスミレ(叡山菫)スミレ科
人参の葉のような、ギザギザの葉が特徴的で、すぐに分かりました。
気をつけてみると、道端のコンクリートの割れ目にも生えていますよ。
エイザンスミレ_copy

イカリソウといい、エイザンスミレといい、
サクラと同じで、咲くのが早すぎますね、今年は。

関連記事
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/885-04f653fc