FC2ブログ

新聞

.31 2010 フランスの生活 comment(0) trackback(0)
フランスの新聞は政治色が鮮明である。

例えばフィガロは保守系、ルモンドは社会党系、リベラシオンは共産党系などと聞く。
しかし、これらの新聞は有名ではあっても
いわゆるパリの新聞であり、発行部数も百万部とはないはずである。

レンヌで最も多くの人に読まれているのがウエスト・フランス紙であって、
フランスで最大の発行部数を誇っているとのことである。
直訳すると西フランス新聞となるが、ブルターニュ地方だけでなく、
ノルマンディー地方やロワール地方でも発行されているらしい。
いわゆる地元密着型の新聞である。

この新聞は宅配もしているが、
私は一週間に一度、土曜の朝市で立ち売りのおばさんから5フラン(100円)で買って、
帰りに市役所前広場のカフェでエスプレッソを飲みながら目を通すのを習慣としていた。

同紙には世界的な記事や全国的な記事ももちろん載っているが、
圧倒的に多いのは地元の記事である。
よくもまあこれだけ毎日書くことがあるもんだと感心するくらいである。

ブルターニュ共通版の後、レンヌ市、隣のセッソンセヴィーニェ市、
XX町、XX村などとページが割いてあり、
それぞれに、XXさんの家で子豚が18匹生まれ、この地方の新記録だとか、
XX地区小学校水泳大会でXX君が優勝したとか、
レンヌに一軒しかない帽子屋夫婦の談話、
誰々がどこそこに新しいレストランを開店などという記事で埋まっている。

記事の中に誰かしら自分の知っている人が登場しているので
余計に興味を持って読めるのであり、楽しみでもある。
私の息子たちも日本語補習校の関係で写真が載ったことがあり、スクラップしてある。
私の会社の記事もよく出るが、会社の記念セレモニーなどは新聞記者を呼ぶし、
ISO14000の環境保証の認証取得など宣伝材料は積極的にリリースするからである。

地元の人が真っ先に読むのが慶弔欄であるらしい。
中ほどに見開きの両面を使って、
左側に死亡通知、会葬御礼、右側に誕生通知、結婚式の出席御礼がびっしりとある。
自分が聞き洩らした親しい人の慶弔を知って、
あらためてお悔やみやお祝いの電話をするのである。
地元の人の心の交流を新聞が仲立ちしているのである。

土曜日の朝市で新聞を買う目的はほかにもある。
それは週末の催し物を探すためである。
郊外の博覧会場で牛の品評会、ワインやキャンピングカーの展示会、
美術展、屋外演劇の案内、競技会、
隣町の古いシャトーが日曜日に特別公開などという情報が載っているので、
週末のちょっとした暇つぶしによいのである。

日本に帰ってきて横浜市の住人になったが、
ただ住んでいるというだけで、地域の一体感は感じられない。
言葉はいくらでも通じるのにである。
それとも、日本とフランスとの違いではなく、田舎と都会の差であろうか。

(注)為替レート:このブログで出てくる値段は、
当時の為替レート1フラン=20円、
1ユーロ=6.650フラン x 20円=133円で換算していますので、ご了解ください。
関連記事
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/9-9779b9c6