FC2ブログ

幸福地蔵と磨崖仏(佐渡)

.26 2013 中部 comment(0) trackback(0)
宿根木を散歩した後、小木地区をドライブしている時に
大きなお地蔵さんを見つけました。
幸福地蔵といい、高さは17.5mもあるそうです
(ひょっとするとお地蔵様としては日本一かもしれません)。
ただ、残念なことに境内は雑草がはびこり、
あまり手入れがされていないようでした。
おそらく檀家の人が老齢化しているのでしょうね。
お地蔵様の合掌の下になにかついています。
ひょっとして?
01幸福地蔵01

近づいてみるとスズメバチの巣でした。
これではねー。
02幸福地蔵02


お地蔵様の近くに、岩屋山石窟という看板を見つけました。
縄文時代の土器や人骨が発見され、中世から霊場として信仰の対象となっている
という解説板がありました。
これはぜひ見てみなければと、参道を登ってゆくと、
ありました。
しかし、ここも雑然と物が散らばり、掃除されているとは
お世辞にも言えません。
03IMG_2125.jpg

石窟内の左の壁には、確かに磨崖仏が彫られています。
04IMG_2126.jpg

右の壁には、墓標らしきものもあります。
05IMG_2128.jpg

石窟の前の広場には、四国八十八箇所を模した
88体のお地蔵様が安置されています。
綺麗に掃除すれば、ここも観光名所になると思うのですがね。
06IMG_2129.jpg

磨崖仏 おほむらさきを 放ちけり  杏子

という句碑がありました。
調べてみると黒田杏子という俳人の有名な句のようです。
オオムラサキは佐渡にもいるようです。私はこの蝶をまだ見たことがありません。
こんなちょうちょが洞窟から飛んで出て来たら感激するでしょうね。
IMG_2130.jpg Sasakia_charonda (1)
                          Wikipediaの写真を拝借


さらに、近くで小木の御所桜という標識を見つけて、ここも訪れてみました。
承久の乱で島流しにされた順徳上皇が京から取り寄せた桜だそうです。
天然記念物とありますから、珍しい桜なのでしょう。
07IMG_2152.jpg

この旅の途中あちこちで、この木が素晴らしい花を咲かせているのに出会いました。
小木地区のこのお宅の木はひときわ立派です。
10トベラ小木海岸

帰ってからネットで調べると、なんとこれはトベラです。
トベラならわが家の近くでも垣根としていくらでも植えられています。
11トベラ入崎花2

トベラは樹木としては海辺に近いフロントラインでよく繁殖する木なのだそうです。
垣根などにせず、独立木で育ててやればこんな立派な樹になるのですね。
知りませんでした。
関連記事
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/964-62c7c332