FC2ブログ

6月の花(横浜)

.30 2013 花(一般論) comment(0) trackback(0)
日光・佐渡の旅行記を延々と書いているうちに
数えて見たら16話にも達していました。
まだまだ書きたいことはあったのですが、
このブログの読者から「いい加減にせいよ」と言われそうでしたので
やめました。

旅は非日常ですから、毎日ものすごい発見があるので、
嬉しくなっていくらでも記事を書いてしまうのです。
とにかく今回の旅は一日がすごく長いように感じました。
子供の時は一日が長かったような記憶がありますが、
あれはきっと、一日にたくさんの発見があったからなのでしょうね。

大人になって日常に埋没してしまうと一日は短いのです。

ともあれ、6月も最終日なので、横浜の花の近況報告をしておきます。

毎年、あやめはどこに見に行こうかとプランを練るのですが、
今年は諦めて、近場の薬師池公園で済ませることにしました。
あやめ娘さんがいるから写真になります。
01あやめ 001

大江山の酒呑童子を退治した「頼光」。6月18日の写真です。
02あやめ 002 頼光

同じ日に初めて、お隣の町田えびね苑のアジサイを見に入ってみました。
アジサイだけの時は入園料は無料です。
03あやめ 003

アジサイよりもバックのミズキの木が満開の花を誇っていました。
04あやめ 004

薬師池公園の梅花甘茶(ユキノシタ科バイカアマチャ属)。
06梅花甘茶02ユキノシタ科アジサイ属

小さい花ですが、よく見ると可愛らしい。五弁もありました。
07梅花甘茶03

みすずが丘公園のネムノキ(マメ科ネムノキ亜科ネムノキ属)です。
08みすずが丘公園02

多摩川土手まで行かなくても、ここに立派な木がありました(メモ、メモ)。
荒地や空き地に最初に生えるパイオニア的な木だそうですから、
生命力は強いのでしょう。
なお、みすずが丘公園には立派な栴檀の木もあります(メモ、メモ)。
09みすずが丘公園01

あざみ野3丁目のお宅の立派なノウゼンカズラ。
10ノウゼンカズラ01


大場町にたくさんあるナツツバキ(ツバキ科)。沙羅僧都の木。
14ナツツバキ

この季節はどこにでもあるキンシバイ(金糸梅)
オトギリソウ科オトギリソウ属キンシバイ。
15金糸梅

よく似ているビョウヤナギ(オトギリソウ科)オトギリソウ属ビョウヤナギ。
17ビョウヤナギ01

ムラサキシキブ(クマツヅラ科ムラサキシキブ属)の花。
秋の紫色の実はだれでも知っていますが、春の花は誰も意識しません。
16ムラサキシキブ

自然林の中には、
あちこちにオカトラノオ(丘虎の尾)サクラソウ科の大群落ができています。
春先にホウチャクソウが咲いていた頃、この草は一斉に芽を出し、
何の草かと訝っていたのですが、ようやく正体がわかりました(メモ、メモ)。
20オカトラノオ 001

最後にどうでもいい木。
アカメガシワ(トウダイグサ科)の雌花です。
これも空き地荒地のパイオニアだそうですから、勝手に生えてきたのでしょう。
21アカメガシワ雌花(トウダイグサ科)空き地のパイオニア


関連記事
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/968-efadaf93