FC2ブログ

わらび狩り

.30 2010 フランスの生活 comment(2) trackback(0)
妹が遊びに来た時に、フランスのわらびの話になった。

わらびはフランスのどこにでも生えている。
レンヌから会社へ行く通勤路の道路わきに
春になるといっせいに生えてくる。
warabi9.jpg

フランス人にあれは食べるのかと聞くと、
毒があるから誰も食べないという。
では勝手にとってもいいのかと聞くと、
いいけれども道路のそばはよく除草剤をまくから
注意したほうがよいとのことだった。
それで除草剤をまいていそうもない、
レンヌの森にわらび狩りに行くことになった。
その時以来、車には必ずビニール袋を常備していた。

私の母がフランスに遊びに来て、
ロワールの城めぐりをした時のこと、
シャンボール0002

シャンボール城の近くの森で、わらびの大群を発見した。
シャンボール000102

もう母は夢中でとりまくっておりましたね。
シャンボール000101

「お母さん、もういいよ、行こうよ」
「でもこんなにあるのに。誰も食べないんでしょ。もったいない
Kimiko199205Chambord_convert.jpg
このわらびはあく抜きをし塩漬けにして母は日本に持ち帰りました。
すぐに東京の妹から「フランスのわらびは美味しかったよ」
という電話がありましたね。

母は、ロワールの城のことは忘れてしまったが、
あのわらびをとった時の興奮は今でも覚えているという。

日本にも埼玉県に蕨市があるが、
フランスのブルターニュにも同じ名前の町がある。

フジェール Fougeres である。

fougeres2.jpg
出典:Wikipedia フランス版より
fougeres1.jpg
レンヌから北東に約50km、車で50分のところにある。
日本では全く知られていないが、
さぞかし中世では難攻不落であったろうと思われる
城壁の素晴らしい城がある。
こういうタイプの城は珍しく、似たタイプの城としては
ロワールのアンジェ城が有名である。
19890502-04+Loire000603_convert_20110701150442.jpg アンジェ000101

日本から来たお客さんで時間的に余裕のある人は、
モンサンミッシェルに行く途中で、
レンヌからまずこのフジェールに
連れて行くのが観光コースになっていた。
関連記事
スポンサーサイト



Otium
fougèreはワラビなのですか?! イギリス在住の日本人グループが森でfougèreの新芽をとったら、「鹿の食べ物を奪った!」と裁判に訴えられたニュースを聞いたとき、それはワラビのはずだと思いました。フランスにも同じ植物があるはずだし、イギリスのようにヒステリックになる人はいないだろうし、 これではないかと思って食べてみたかったのですが、日本でワラビ採りをしたことがないので確信が持てませんでした。ちゃんと食べられるのですね♪ しかも、おいしいですか! 長年の謎がとけました♪

フランス国内を旅行しているとき、森にfougèreや栗の木があるのを見ると、私が親しんでいる石灰質の土地とは違う土壌なのだなという目安にしています。でも、fougèreが生えているところには、本当にたくさんあるのですよね。これがワラビだとわかったら、とる手を休められなかったのが分かります!

ブルターニュ旅行をしたとき、Fougèresは飛びぬけて美しかったという印象が強く残っています。お城をバックにした音と光の祭典のイベントも素晴らしかった...。
2010.06.30 04:34
豊栄のぼる
Otiumiさん、
はじめまして。鹿はワラビを食べないと思います。あく抜きをしないとまずいですから。ワラビが食べられるのだったら、鹿はもっと爆発的に増えていると思います。
ブルターニュではワラビと栗は誰も取らないので取り放題でしたよ。
2010.06.30 09:22

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/98-aa39aeb2