FC2ブログ

新店チェック じねんじょ庵

.29 2019 食と料理 comment(0) trackback(0)
あざみ野駅地下にあたらしくできた”じねんじょ庵”に入ってみました。
DSC_2705 (480x360)
結論から言うと、
蕎麦は腰があってツユが美味しく、量もそこそこで合格。
日本酒の一合は0.6合くらいしかなく、不当表示で詐欺。
グラスワインの量は合格。
水は黙っていると出ないので要求する必要あり。

蕎麦屋にしては酒飲みメニューを揃えているようだったので
昼ではなく夕方二人で入ってみました。

かきあげ天。
DSC_2697 (480x360)
レタスを天ぷらにしていましたが、これもありです。
海老はバナメエビとかいうやつで、いまいち。

きのこ串3種盛り。
DSC_2698 (480x360)

これですよ問題は。これで一合?
馬鹿言っちゃいけない。
とっくりからちびちびとおちょこで飲む分にはごまかせるかもしれないけれど
コップ酒をするやつにはすぐ見破られてしまう。
DSC_2699 (480x360)

ハラミ炙り焼き。
DSC_2700 (480x360)

鍬みたいな容器できたので、柄の部分を持ち上げたら
すぽっと抜けました。
DSC_2701 (480x360)

万ねぎ巻き。
DSC_2702 (480x360)

ふわとろお好み焼き。要するに、ここの料理はフライパン油物が多いのです。
DSC_2704 (480x360)

最後の締めに二八せいろ蕎麦を注文。
これは合格でしたね。
妻は「箱根の”竹やぶ”のそばに似てるわね」
私「それを言っちゃ、”竹やぶ”が怒るんじゃない?」
DSC_2703 (480x360)

あざみ野駅に燕が巣をかけて5匹の雛がいました。いままで気がつきませんでしたよ。
DSC_2706 (480x360)

富山の鱒寿司

.06 2019 食と料理 comment(0) trackback(0)
友人から富山の土産をいただきました。
鱒寿司です。
IMG_2023 (480x269)
何よりも、その梱包方法に感激しました。
押し寿司ですから、蓋で押さえつけるのですが
竹の棒を四本を輪ゴムでつないで押さえているのです。

そして、ぴっちりと竹の葉で被っています。
IMG_2025 (480x269)

竹の葉を開くと、まるで花が咲いたよう。
形を崩すのがもったいない。
IMG_2027 (480x269)


こちらは、カジキマグロの昆布締め。
IMG_2028 (480x269)
醤油なしで口に入れるとほのかに昆布の味が染みていて、
日本酒にぴったり合います。
二包みあったのですが、酒が進みすぎるので、
一つは翌日に回しました。

La Provence Gourmande Olivier

.06 2019 食と料理 comment(0) trackback(0)
毎年2月、中国の春節の休みに合わせて中国から一時帰国する
友人を囲んで、ブルターニュOB会をやるのが習わしになった。
幹事の好みで、いつも洋食ランチの店になる。
今回は、学芸大駅近くのLa Provence Gourmande Olivierに
ジジイが9人集まった。
DSC_2124 (800x600)
この店のシェフが、昔フランスのプロバンスで修行したので
こういう店の名前にしたそうだ。

まずは、キール・ロワイヤルを食前酒に注文するのはいつものこと。
一皿目はワカサギのから揚げとレンズマメ。
ワインはシャブリを2本注文。
DSC_2125 (480x360)

二皿目はカツレツ。
赤が飲みたかったので、ボルドーを一本。
DSC_2126 (480x360)

それからデザートとコーヒー。
DSC_2127 (480x360)

毎回思うのだが、こういう店は女性が来るのが普通なので、
ジジイばかりが昼間からワインを飲んで盛り上がるのは
ちょっと日本ではあまり見かけない風景ではある。

仲間の一人が駅前の交番で聞きつけたという
評判の良いというケーキ屋に入ってみた。
マッターホーン。
DSC_2129 (480x360)

最近ケーキというと一個400円から500円もするが、
この店は一個300円で、しかも税込み。
妻への手土産に4個買い求めた。

手前の白いのがモンテローザ。
DSC_2130 (480x360)

茶色のやつがダミエと名付けられていた。
DSC_2131 (480x360)

亥年

.01 2019 食と料理 comment(0) trackback(0)
そういえば今年はいのしし年。
IMG_6858 (800x533)
長男の手土産です。

フランスNo1チーズ「コンテ」の試食

.30 2018 食と料理 comment(0) trackback(0)
「黒木華のフランス美食散歩」ででてきた
フランスNo1~3のチーズが食べてみたくて
わざわざたまプラーザの東急デパートで
チーズを買ってきました。
IMG_6847 (480x320)
No1のコンテというチーズは調べてみると、
「フランスのフランシュ・コンテ地方に広がるアルプスに近いジュラ山脈一帯で、添加物を一切使わず職人が手作りしているハードタイプの熟成チーズです。山脈特有の気候風土がつくりあげたおいしさと伝統を、酪農家、チーズ工房、熟成士が1000年以上にわたって守り続けています。その限りなく豊かな風味とナチュラルな味わいは、フランスのみならず世界で広く愛され、フランス産AOP(原産地呼称保護)認定チーズの中でNo.1 の生産量を誇ります」となっていました。
興味のある方はこのサイトの動画を見てください、
フランス人がしゃべる英語を聞くことができます。

なんだ、私がフランスに入植して初めて入った語学学校があった
ブザンソンの町がある地方じゃないですか。
フランシュ・コンテのコンテですか、なるほど。

ハードタイプのチーズで私の好みです。
ワインによく合っていくらでも食べれます。

No3のサンテ・モール・ドゥ・トゥーレーヌは
「美しい「フランスの庭園」と呼ばれるロワール地方中流域、トゥーレーヌ地区産。よーく見ると両端の太さが違います!ビュッシュ(Buche)=薪のような形、しかも中央に麦わらが一本!大きさが違うのはもろいシェーヴルチーズを崩さずに型から抜くため、そして麦わらはチーズの補強とより良い熟成のためなんです!周囲には木炭の粉がまぶされ、存在感抜群です。召しあがる際には先に麦わらを抜いてからどうぞ!」だそうです。
確かに中に麦わらが一本芯として入っていました。

「これ、クロタンと同じ味よね」
クロタンは同じロワール川のトゥールよりさらに上流でつくられる
山羊のチーズですから、さほど味に変わりはありませんでした。

チーズの相方のワインは妹が私の誕生祝にくれた
ニュイ・サン・ジョルジュです。
IMG_6848 (480x320)

このワインの薄い赤色はピノ・ヌワール100%の特徴です。
このワインがこんなにチーズと相性がいいと初めて知りましたよ。
IMG_6851 (480x320)

とここまでは非常に幸せな気分でぐいぐいとワインを飲んでいたのですが、
3番目のラクレット・ドュ・ジュラに愕然!
食べてみると柔らかい。
「なにこれ、スイスのラクレットのチーズじゃん」

実はフランスNo2のサン・ネクテールをくれと言ったら、
東急デパートのチーズ売り場のお兄さんが
「サン・ネクテールをご指名とは、
チーズを売るものにとってこれ以上の幸せはないのですが、
大変残念ながら只今在庫がありません。
そのかわり近くのサヴォイ地方の似たようなチーズがあるのですが
それはどうでしょうか」
と言ってこのチーズを買わされてしまったのです。
買う時にはチーズの名前をよく確認しなかったのです。

チーズの包み紙に小さく印刷された文字を読んで初めて気がつきました。
ラクレットだったら買わなかったのに。
お兄さんに騙されてしまった!

これで少し腹が立ってきて、それまでの幸せな気分が半減してしまいました。

しょうがない、幸い息子たちはラクレットが好きだから
正月に溶かして食おうということにしました。

 HOME