FC2ブログ

494円

.07 2013 介護 comment(0) trackback(0)
494円やるから区役所までハンコを持ってこいと言われたら
あなたはどうしますか。
母の補助金0001

区役所の近くに住んでいる人なら、ほいほいと散歩代わりに行くでしょう。
でも足の不自由な人だったらどうでしょう。
遠くに住んでいる人は、最寄りの駅まで電車で行って
それからバスに乗ればバス代だけでも往復420円かかります。
(敬老パスを持っている人だったらただじゃん?)

私は車で往きました。歩くと片道40分かかるので。
医療保護の27番窓口に行って、
「母がこんな通知を受け取ったのですがどうしたらいいでしょうか」
母の身体障害者手帳(身分証明書の代わり)や介護保険証を見せると
「あー、はいはい。それではこれに書き込んでハンコを押してください」
要は、母がデイサービスに行って介護費用の請求を受けて払ったのですが
一定金額を超えると補助金がでるらしいのです。

というわけで、上の写真は、母の郵便貯金口座に
494円振り込みましたよという通知なのです。

でもこのお金のために
ものすごい事務の手間がかかっていると思いませんか。
JR北海道はものすごい手間がかかるから
データはすべてあるにもかかわらず
線路の幅をチェックしていないそうです。
(私ならエクセルに落として一日でチェックしてあげるのに)

1000円以下は赤十字か震災義援金に寄付しますと
いうわけにはいかないのでしょうか。
行政の手間も受け取る側の手間も省けると思うのですが。

494円。
ラーメン一杯にもならないじゃないか。
いやいや牛丼なら食べれるし、コンビニの弁当も買えるぞ。
微妙な金額ではあります。

母のリハビリ

.22 2013 介護 comment(0) trackback(0)
ペダル運動機を買いました。
IMG_3844.jpg

母はお気に召したようで、
しこしことペダルを踏んでいます。
意外とこういうものは好きなんですね。

よくよく考えてみると
森光子さんのスクワットは効果があったんですね。

りんどう

.15 2013 介護 comment(0) trackback(0)
今日は敬老の日。
妹から母にりんどう(竜胆)を送って来ました。カステラつきです。
IMG_3772.jpg

母は先の入院以来、すっかり足が弱くなったので、
新たに歩行器をレンタルしました。
もうこれでないと歩けません。
すっかり自信をなくして、デイサービスにも行かなくなりました。
寝てばかりでは歩行力が回復しないのですが。
IMG_3732.jpg

少し前までは、母にも自治会から敬老の日には金一封のお祝い金があったのですが、
高齢者が増えすぎたのでしょう。
それも中止になりました。
百歳以上が20年で11倍に増えました。
やはり医療技術の進歩のお陰だと思います。
Scan_9月-15-2013-百歳以上
(クリックすると拡大されて字が読みやすいです)

島根県が全国一位。全国平均の倍? 
じぇじぇじぇ。
貧しい県ほど長生きするのですかね。
過疎県では年寄りしか残っていないということか。

母の退院

.08 2013 介護 comment(0) trackback(0)
母が無事退院しました。
8月22日に部屋で転倒して救急車で運び、
丸17日間の入院でした。
幸い、骨折ではありませんでしたが、
背骨の一部が圧迫でつぶれかかった状況でした。
痛みは一週間くらいでとれたようですが、
コルセットができるまでということで入院させてもらいました。
ベッドが空いていなければ、追い返されていたでしょう。

入院でなければ、月水金の人工透析時にどうやって病院まで運ぶか
悩むところでした。
なにせ当初は痛がって車いすにも座れなかったので。

お陰で我々家族の手間は省けたのですが、
やはり17日の入院で足がすっかり弱ってしまいました。

入院中は三度の食事は当然ベッドまで運ばれてきます。
月水金の透析時は、寝たまま腎センターまで運ばれてゆきますので、
全く運動することがなかったのです。
一日一回の歩行訓練以外はベッドに寝てテレビを見ていたようです。

今はコルセットをつけて、手をひかれて、
居間まで歩いてくるのがやっとです。
IMG_3713.jpg

来週からデイサービスで機能訓練をお願いしようかと思っています。

足湯

.27 2012 介護 comment(0) trackback(0)
母が夜寝る前に、足湯をさせてやることにしました。
足湯 055
"Ashiyu" a la maison

母は冷え性で寝るときもソックスを履いて寝るのですが、
それでも脚がしびれるというので、ユタポンを入れてやったところ
幸いそのしびれはなくなりました。(ユタポンの記事参照

最近、人工透析を受けている腎センターの主任看護師さんから
母の足をよくチェックするようにという指示を受けました。
腎臓の悪い人はリンが皮膚にたまるのでどうしてもかゆみがでます。
母も痒いのでよく足を掻くのですが、神経が鈍くなっているので、
その時足に引っかき傷ができたことに気づかないのです。
傷が化膿したりすると大変なことになります。

ソックスを履いていたのではチェックが出来ないので、
脱がせるためには足湯が良いだろうとというのが家内のアイデアです。
母は風呂はデイサービスで入るだけなので一日置きのため、
こうすれば足だけでも毎日清潔にもなります。

最大の効用は、やはり足が温まるので、寝付きが良いことですね。




 HOME