FC2ブログ

日本一の長いバラのトンネル

.24 2017 バラ comment(0) trackback(0)
聖天宮から鴻巣のポピー畑への移動中、
妻が「日本一の長いバラのトンネル」という
案内標識を発見しました。
平成の森公園です。
01IMG_3002 (800x449)

6ヶ所の出入り口を持つ8の字型のバラのトンネルで
長さが330mもありました。
トンネルの中を歩くのも涼しくて気持ちいいのですが
02IMG_3045 (800x449)

やはりバラは外向きに咲く花が多いので、
03IMG_3035 (800x449)

トンネルの外側から眺めるバラも素晴らしいです。
05IMG_3069 (800x449)

つるバラの代表格のピエール・ド・ロンサールはここでも
王様でした。
04IMG_3042 (800x449)

トンネルの内側は子供たちのアスレチック広場になっています。
ここのベンチでコンビニで買ってきたサンドイッチをいただきました。
(鴻巣のポピー畑には食事できる日影がないので)
06IMG_3031 (800x449)

水遊びもできますよ。
07IMG_3085 (800x449)

昭和63年の”ふるさと創生事業”の時、川島町の町民は
この公園を作ることにしたのだそうです。
ろくでもない箱ものを作った地方自治体が多かった中で
こういうことをした川島町はえらい。

月曜日だというのに、駐車場は満杯です。
08IMG_3088 (800x449)

Leonard de Vinci

.20 2017 バラ comment(0) trackback(0)
Leonard de Vinci
05IMG_2841 Leonard de Vinci FR (800x449)
フランス人がレオナルドダビンチをバラでイメージすると
こんな色になるのでしょうか。
優しげな色ですね。

今日は生田緑地ばら苑(川崎市)です。
01IMG_2857 (800x449)

毎年春と秋にここに来るのが習慣になってしまいました。
02IMG_2859 (800x449)

それにしても今日はいい天気。
カクテル(Cocktail)が青空に映えます。
03IMG_2862 (800x449)

気温は30度を超えていましたね。
カウンティ・フェア(County Fair) の前の若者は半袖です。
04IMG_2866 County Fair USA (800x449)

今年発見した新しいバラ、
ハンキー・パンキー(Hanky Panky) です。
IMG_2965 Hanky Panky GB 01 (800x600)

こういう風に色変わりしていくようです。
IMG_2966 Hanky Panky GB 02 (800x600)

でもやはり、何度見てもいいのが 
ノスタルジー(Nostalgie)
06IMG_2829 Nostalgie D (800x449)

ブロン・ピエール・ド・ロンサール(Blanc Pierre de Ronsard)
07IMG_2844 Blanc Pierre de Ronsard FR (800x449)

ピエール・ド・ロンサール(Pierre de Ronsard)
08IMG_2883 Pierre de Ronsard (800x449)

妻が「ルール違反だ」と怒った花があります。
ピンク・アイスバーグ(Pink Iceberg) という名前がついていました。
13IMG_2951 Pink Iceberg AU (800x600)

アイスバーグ(Iceberg) というとやはりこの冷たい白を連想しますよね。
12IMG_2942 Iceberg D (800x600)

今年は少し来る時期が遅かったのか、
すべての花が咲いていました。
09IMG_2920 Summer Snow USA (800x600)

ノイバラの木が満開でした。
10IMG_2935ノイバラ Rosa Multiflora (800x600)

ノイバラも可憐でいいですよ。
11IMG_2941ノイバラ (800x600)

冬薔薇(ふゆそうび)

.04 2016 バラ comment(0) trackback(0)
花菜ガーデンでたっぷりチューリップを堪能したのですが
せっかく来たのだから、他の花も探索です。
01IMG_6369 (800x449)

なんとバラがたくさん咲いているのです。
バラは春と秋の二回生田緑地ばら苑で鑑賞していて
それで十分と思っていたので、今時こんなに咲いているとは
想像したこともありませんでした。
02IMG_6442 (480x269)

ところがここでは、すべてのバラがつぼみを抱えていて
これからいくらでも咲きますよという感じです。
03IMG_6414 (480x269)

よくよく考えてみると「冬薔薇(ふゆそうび)」という単語が
わざわざあり、これを題名にした小説や歌がたくさんあるわけですから
冬にバラが咲いても不思議ではないのかも。
♪~せめて~海に咲け、心の冬薔薇~♪ (谷村新司「群青」の歌詞より)
04IMG_6400 (480x269)

これは「珠玉」という名前で今が満開。
05IMG_6431Rosa SHUGYOKU 珠玉 (480x269)

こちらは「紅玉」。
06IMG_6434KOUGYOKU紅玉 (480x269)

もちろん野ばらの実もたくさん成っていますよ。
07IMG_6471 (480x269)

山茶花苑では見事な山茶花がたくさん咲いていたのですが
紙面の都合上、一番見事だったこの花だけ紹介します。
08IMG_6394 (480x269)

これは「ジングル・ベル」という名前を付けられたシルホサ系のクレマチス。
名前からして今の季節に咲くのでしょうか。
09IMG_6382Clematis cirrhosa Jingle Bells (480x269)

ゲラニウム’ロザンネ’(フウロソウ科)。
以前から名前の知りたかった花です。
名札がついていたのでようやく名前が分かりました。
10IMG_6460ゲラニウム’ロザンネ’フウロソウ科 (480x269)

イソギク。海岸に今の季節に咲くのだそうです。
11IMG_6465 (480x269)

ナンキンハゼの実です。これも名札がありました。
12IMG_6307ナンキンハゼ (480x269)

冬にもバラは咲くのだと改めて実感した日でした。

秋バラ

.21 2016 バラ comment(0) trackback(0)
あまりに良い天気なので生田緑地ばら苑にやって来ました。
01IMG_4722 (800x449)

春と秋、年二回ここに来るのが我が家の定例行事になっていますが、
駐車場から苑までのこの階段を登るのが年々きつく感じられます。
07IMG_4824 (800x449)
(階段から見た狛江市・世田谷区方面)

この秋の開園期間は10月13日から11月6日までですが、
年々バラの咲く時期が早まっているような気がします。
今年はもうすでに花色があせかけているようです。
まだ来ていない方は早めに来園されたほうがいいでしょう。

あまりいい写真が撮れませんでしたが、
以下に少し並べてみます。

Queen Elizabeth
02IMG_4756 Quen Elizabeth (800x449)

Nina Ananiashibili
03IMG_4739 Nina Ananiashibili (800x449)

Golden Flush
04IMG_4751 Golden Flush (800x449)

Tangerina
05IMG_4734 Tangerina (800x449)

Ingrid Bergman
06IMG_4796 Ingrid Bergman (800x449)

やはり春に比べると、つるばらがいないので寂しいですね。

生田緑地ばら苑

.18 2016 バラ comment(0) trackback(0)
車で15分の近場なので
毎年春夏年二回ここにやって来ます。
01IMG_0115 (800x449)

昨日が雨だったせいか、
今日は水曜日なのに子供連れや
02IMG_0160 (800x450)

デイサービスの車が多いです。
03IMG_0189 (800x450)

車いすの方はここで記念撮影ですね。
04IMG_0130 (800x449)

気温は高いのに湿度が低く、
実にからっとしたいい天気です。
05IMG_0158 (800x449)

苑の奥のボランティア花壇のトンネルの
06IMG_0171 (800x449)

花付きが今年は良いようです。
07IMG_0194 (800x449)

毎年来ているのに初めて見たような気がするこのバラは
エメール・ノルドというドイツのバラ、上品な黄色です。
08IMG_0094 Email Nolde (800x449)

バレリーナという名です。
例年はもっと早く来るせいか、この木が咲いているのを
見たことがありません。
09IMG_0165バレリーナ (800x449)
 HOME