30年ぶりのディズニーランド

.03 2017 東京 comment(0) trackback(0)
嫁に誘われて東京ディズニーランドに来ました。
01IMG_3392cut1 (600x800)

30年ぶりですよ。
小1と年少の息子たちを連れてきて以来です。
今回は2人の孫と一緒です。
歴史は繰り返す。
02IMG_3379cut (600x800)

到着して最初の買い物は
スターウォーズのロボットR2D2に入った
ポップコーンです。
これを買わないと孫が納得しないのですね。
でも入れ物代が2100円、中身が520円というのは高すぎ!
03IMG_3355 (800x600)

最初に入ったのがミッキーマウスの家です。
なんのことはない、
ただミッキーマウスのぬいぐるみと握手して
一緒に記念写真を撮るだけなのですが
大人気なのです。
04IMG_3361 (800x600)
嫁の解説では、ミッキーは世界中で
常に同時に一人しか存在しないのだそうです。
ロサンゼルスとパリと東京は時差があるので
それも可能でしょうが、
上海ができるときに
東京と時差が少ないのでどうなるのかという
話があったそうです。
中国人はそんなこと気にしないか。


朝一番でもすでに45分待ち。
05IMG_3368 (800x600)

来年は上の孫が小学校に上がるので、
平日にディズニーランドに来れるのは今年が最後ということで
嫁は休暇をとったと言っていましたが、
今日は金曜日なのになぜか子供が多いのです。
調べてみると6月2日は、横浜港開港記念日で
なんと横浜市の学校はお休みだったのです。
「それでか!」
今日は横浜市民が大挙して押し寄せてきたのですよ。
朝、川崎から高速道路に乗るとき
ランプの上ですでに渋滞していましたからね。
結局川崎からディズニーランドまで2時間もかかりました。

天気予報ではお昼に雷とにわか雨があるというので
折りたたみ傘を持ってきたのですが、
入道雲は雨を降らせることなく過ぎてゆきました。
06IMG_3372 (600x800)

ディズニーランドのカルガモ一家。
07IMG_3390 (800x601)

サザン・マグノリアが開花中。
08IMG_3397 (800x600)

デイゴも開花中。
09IMG_3401 (800x600)

島根の実家のビワも実ったようなのですが、
隣の親せきに「採って食べてください」と言っておいたわ
と妻が申しております。
10IMG_3402 (800x600)

嫁はよく下調べをしていて、
5歳と2歳の孫たちが乗れるアトラクションには
ほとんど全部乗りました。
日も傾いてきて、あとはナイトパレードを待つだけ。
11IMG_3414 (600x800)

青森のねぶたと同じですね。
違うのは電動自動車に乗っていて、
乗っている人が金髪だということ。
12IMG_3467 (800x600)

30年の間にこの山車も
随分と技術的に進化したのでしょうね。
13IMG_3484 (800x600)

30年前には存在しなかった
プロジェクション・マッピング。
14IMG_3502 (601x800)

昔は「スモール・ワールド」を見て感激したものですが
技術革新は目をみはるばかりです。
15IMG_3505 (600x800)

独身の頃、ロスのディズニーランドで感激し、
東京で子供たちと一緒に楽しんで、
いつかはフロリダのディズニー・ワールドを
制覇したいものだと夢見ていました。
はからずもフランスに住むことになって
パリのディズニーにも行くことができました。

しかしもう、昔のような情熱はありませんね。
上海なんか行きたくもないし、
フロリダも遠い。



苧環

.01 2017 花(草花) comment(0) trackback(0)
苧環と書いてもこれを読める人はあまりいないでしょう。
オダマキ(キンポウゲ科)、学名 Aquilegia flabellata。
01IMG_2429 (800x600)

先月、町田ぼたん苑で撮影した写真のほか
02IMG_2720 (800x449)

昨年撮影したもの、
04IMG_9321 (800x600)

街角で撮影したものを含めて
03IMG_0484 (800x449)

並べてみました。
05IMG_2442 (800x600)

おそらくみな西洋オダマキであろうと思われます。
06IMG_9311 (800x600)

それにしても、よくもまあこれだけ
07IMG_2504 (800x600) (800x600)

いろいろな色をつくったものです。
08IMG_9318 (800x600)

本当に
09IMG_2548 (800x600)

感心しますよ。
10IMG_9322 (800x600)

前立腺癌に注意

.30 2017 身内話 comment(0) trackback(0)
今日は大学のクラス会ゴルフで埼玉県まで行ってきました。
DSC_1830 (480x360)
打上げの表彰会で異常に盛り上がったのが
前立腺がんの話。
今回のコンペの参加者は10人ですが、
なんとそのうち3人が前立腺の治療中だったのです。
確率30%!

実は前立腺癌の疑いありということで放射線治療をうけ
そのためこの会を3年欠席したやつが久々に復帰したのです。
当然質問は彼に集中しますわな。
彼はPSA(Prostate Specific Antigen=前立腺特異抗原)の値が
11ng/ml を超えていたのだそうです。
今は放射線治療の結果 4ng/ml 以下に下がって医者から
ゴルフもOKになったのだそうです。
この値は通常の大人で2前後で、
健康診断では4を超えると危ないと言われています。
(因みに私の値は1.19で問題なしの判定です)

彼がとくとくと治療経過を説明してくれました。
3年ぶりに現れた彼は、依然と同じ体形で、
痩せさらばえてもいず、頭も剥げてはいませんでした。

こうして話が盛り上がったところで、
実はと打ち明けた級友がほかにも二人いました。
一人は前立腺摘出手術をすでに受けたやつ、
もう一人はPSAの値が高いので薬を飲んでいるやつ。

男は避けては通れない病気とはいえ、
確率3割とはね。

「これからも毎年検査は受け続けたほうがいいよ」
というアドバイスに一同うなづいたのは当然です。



認識せざる物体は存在せず

.29 2017 あざみ野近辺 comment(0) trackback(0)
久々にシャンソンを歌う会に出席したら、
メンバーのマダムからあざみ野駅前に
新しいカフェが今月初めにオープンしたことを教えられました。
駅前の交差点を渡るときに眼に入っていたのでしょうが
それと認識しなければ物体は存在しないのと同じです。

あざみ野駅西口の文房具屋さんの隣に酒屋があったのですが
その酒屋さんが閉店した後に
ALLISON HOUSE Café AZAMINO ができていました。
DSC_1821 (800x600)

昔は私も会社の帰りにここにあった酒屋さんで
ワインや日本酒を買っていたのですが
三規庭に酒屋ノムリエが出店した後は
ここの酒屋さんのことは忘れていました。
酒は重いので自宅に近いところで買いますよね。
私と同じ行動をとる人は多かったようです。

ともあれ、さっそく入店してチェックです。
DSC_1823 (480x360)
コーヒーとケーキだけのお店で、
値段はすべて税込みで50円単位に丸められていました。
残念ながら私の好きな柔らかいケーキは置いてありません。
すべて硬めのケーキだけ。
この写真はサイダーケーキです。

よかったのは、まだ知名度が低いためか
空いていること。
そして注文品をテーブルまで運んでくれることですかね。

あざみ野駅周辺では、東口には "Tully's Coffee" が
西口にはすでに "Doutor Coffee Shop" が店を構えて
いつも混んでいます。
この2つの店の面倒なのは、
先に空いたテーブルを探して、
盗られはせぬかと心配しながら
何か物を置いて占有権を表示してから
カウンターでコーヒーを買い、
席まで 自分で運ばねばなりません。

その点この店はカウンターで金を払って注文し
席で待っていれば注文品を持ってきてくれるのです。
(空いたトレーを最後に自分で返却するところは同じですが)
それがこの店の最大の売りでしょうね。

今やコンビニのほうが
ケーキの種類も豊富ですし
100円コーヒーの味もよくなったので
値段では絶対に勝てませんからね。


横浜美術館前のサツキ

.28 2017 花(木の花) comment(0) trackback(0)
「たたら侍」を観た後、横浜美術館のほうへ移動したところ
こんなサツキを発見しました。
01IMG_3349 (600x800)

発見したというのもおこがましいですが
02IMG_3341 (800x600)

サツキの咲いているときに来たことがなかったので
こんな大きな植え込みがあることに気がつかなかったのです。
03IMG_3331 (800x449)

美術館前の水場は
06IMG_3340 (480x270)

子供たちを遊ばせる絶好の場所です。
04IMG_3332 (480x269)

ミストのサービスも相変わらず提供されていました。
05IMG_3336 (480x270)

美術館前から眺めるランドマークタワーも
07IMG_3334 (480x360)

なかなか面白い。
08IMG_3338 (480x360)

たたら侍

.26 2017 島根県 comment(0) trackback(0)
映画「たたら侍」を観ました。

錦織良成監督作品は島根県出身なので
島根県をモチーフにした作品をよく作っていますが、
私が今までに見たのは
Railways
都会のビジネスマンをやめて一畑電鉄の運転手になった男の話
渾身KON-SHIN
相撲の盛んな隠岐の島の話
の2作ですから、これが3作目です。

これは映画館でわたされた
折り畳み式のA2サイズより大きな
パンフレットの表紙です。
スキャン_20170525 (597x800)
よくこれだけ金のかかるパンフレットを作ったもんだと
感心していたら、これは映画の宣伝ではなく、
「撮影地を巡るロケ地マップ」
(映画「たたら侍」支援自治体連合会製作)
ではありませんか。
いわゆる聖地巡礼をさせようという観光案内なのでした。
島根県北部の地図と撮影地が詳細に載っています。
スキャン_20170525 (2) (800x583)

ストーリーの展開には物足りなさを感じましたが
映像は申し分なく、フィルムカメラに拘った錦織監督らしく
素晴らしい出来でした。

私が興味を持ったのは島根県ではなく、
主人公が乗った北前船でした。
スキャン_20170525 (3) (800x305)
「みちのく丸」という実際の復元船を借りて撮影したようですが
私も一度乗ってみたいものだと思いました。
北前船は弁財船という千石船で、
長さ32mx幅8.5mx深さ3m、帆柱の高さは28mで、
積み荷の量は千石(150t)だそうです。

鴻巣のポピー再訪

.25 2017 花(草花) comment(0) trackback(0)
「世界の道」というタイトルのついた
カレンダーをもらったことがありますが
01IMG_3149 (600x800)

これなんかどうでしょうか。
02IMG_3098 (800x449)

プロが撮影すれば、構図的には十分使えると思うのですが。
03IMG_3129 (800x449)

ここは鴻巣市(埼玉県)のポピー畑です。
04DSC_1822 (600x800)

三年ぶりにやって来ました。
05IMG_3176 (800x449)

春うららかな天気といいたいところですが
日射しが強すぎます。
06IMG_3194 (800x449)

カリフォルニア・ポピーの黄色がまぶしい。
07IMG_3197 (800x449)

モザイクもいいですね。
09IMG_3202 (800x449)

ポピーがいいか、ヒナゲシがいいか、
ココリコと呼ぶには数が多すぎる?
10IMG_3206 (800x449)

三年前に訪れた時よりも、麦仙翁の面積が
4倍くらいに増えていました。
11IMG_3222 (800x449)

遠めでもこの薄紫はよく目立ちます。
12IMG_3253 (800x449)

たまに白花が入っています。
13IMG_3269 (800x449)

うるさいほど雲雀が鳴いていますが、
ようやくカメラでとらえました。
14IMG_3299 (800x449)

雲雀のさえずりを聞きたい方は、
3年前の記事の動画をクリックしてください。
15IMG_3295 (800x449)

雌と思しき一羽を二羽の雄が追いかけて
けんかしている光景を見ましたが、
こういう風に仲良くしてほしいものです。
16IMG_3300 (800x449)

この花はポピー、ヒナゲシ、虞美人草と呼ばれていますが、
ここではこういう一重咲きをヒナゲシ、
20IMG_3167 (800x449)

八重咲を虞美人草と呼んでいるようでした。
19IMG_3324 (800x449)

広い畑を歩き回っているとのども乾くし
足も疲れてきたので帰るモードになって来ました。
17IMG_3312 (800x449)

この橋は長いですよ。
18IMG_3305 (800x449)

なにせ川幅日本一ですから。
21IMG_3093 (600x800)

今日は日本一を二つ見ることができました。
聖天宮→平成の森公園→鴻巣のポピー祭り
はお勧めドライブコースです。
ただし最後のポピー畑は日陰が殆どないので
ご注意。



日本一の長いバラのトンネル

.24 2017 花(木の花) comment(0) trackback(0)
聖天宮から鴻巣のポピー畑への移動中、
妻が「日本一の長いバラのトンネル」という
案内標識を発見しました。
平成の森公園です。
01IMG_3002 (800x449)

6ヶ所の出入り口を持つ8の字型のバラのトンネルで
長さが330mもありました。
トンネルの中を歩くのも涼しくて気持ちいいのですが
02IMG_3045 (800x449)

やはりバラは外向きに咲く花が多いので、
03IMG_3035 (800x449)

トンネルの外側から眺めるバラも素晴らしいです。
05IMG_3069 (800x449)

つるバラの代表格のピエール・ド・ロンサールはここでも
王様でした。
04IMG_3042 (800x449)

トンネルの内側は子供たちのアスレチック広場になっています。
ここのベンチでコンビニで買ってきたサンドイッチをいただきました。
(鴻巣のポピー畑には食事できる日影がないので)
06IMG_3031 (800x449)

水遊びもできますよ。
07IMG_3085 (800x449)

昭和63年の”ふるさと創生事業”の時、川島町の町民は
この公園を作ることにしたのだそうです。
ろくでもない箱ものを作った地方自治体が多かった中で
こういうことをした川島町はえらい。

月曜日だというのに、駐車場は満杯です。
08IMG_3088 (800x449)

聖天宮再訪

.23 2017 旅と観光 comment(0) trackback(0)
鴻巣のポピーを見るついでに、聖天宮を再び訪れました。
01IMG_2974 (800x449)

埼玉県坂戸市の畑の中に突然現れる
02IMG_2975 (800x449)

台湾の道教のお寺です。
03IMG_2976 (800x449)

このお寺の詳しい説明は、
前回2014/05/28の記事を参照してください。
04IMG_2996 (800x449)

それにしても、このきらびやかさ、細工の細かさは、
05IMG_2995 (800x449)

ブルターニュのアンクロ・パロワシアルを彷彿とさせます。
洋の東西を問わず、人の活動は似たようなものです。
06IMG_2993 (800x600)

祭壇のまえで案内人から詳しい説明を聞くことができました。
道教の神様は人に顔を隠さないこと、
龍をあがめ、ここには5千体の龍の彫り物があることなど。
07IMG_2985 (600x800)

お線香は仏教では死者の弔いのためですが、
道教では神様へのお願いのために焚くのだそうです。
08IMG_2986 (800x600)

これは九龍網。右の球の内部にはさらに玉が彫られています。
09IMG_2991 (800x449)

造花と見間違うような葉をつけた木です。
名前は不明。
10IMG_2984 (800x449)

腕が痛い

.22 2017 あざみ野近辺 comment(0) trackback(0)
腕が痛い。
特に左手の肘をたたんでいるときはよいが
肘を延ばすと痛みが走る。
三日前の土曜日に苑池ボランティアで
剪定バリカンを使った後遺症だ。
剪定バリカン
これは重さが4~5kgあるので、
2時間作業すると筋肉がぷるぷると震えるようになる。
もう歳ですな。
三日たっても痛みが取れないというのは。

そうはいっても、苑地ボランティアの中では若いほうに属するので
バリカンを引き受けないというわけにはいかない。
来月末まで毎週土曜日の奉仕作業だが、
これで少しは筋力がついて
ドライバーの飛距離が伸びればいいのだが。

 HOME