歌丸師匠に負けないぞ

.02 2018 食と料理 comment(0) trackback(0)
38回めの結婚記念日の食事にここを選びました。
01DSC_1219 (800x600)

あざみ野うかい亭が開店してから
もう10年以上になるでしょうね、
図書館に通う時よく前を通るのですが、
いままで店に入ったことがありません。
開店した早々お試しにと入店した友人から
「目ん玉が出るほど高かったよ」
という話を聞いてから敬遠していたのです。
02DSC_1218 (480x360)

当日の朝電話したので、もう満席でしたが、
1時45分からの2回転目の席に入れてもらいました。
03DSC_1207 (480x360)
ぴっかぴかに磨き上げたステンレスのカウンター席は20席ほど。
2回転目なので我々を入れて8席ほどが埋まっていました。
あれですね、ドクターXの帝都大学病院の院長の西田敏行が
左手にワイングラスを傾けている高級焼き肉店のカウンターそっくりです。

惜しむらくは甲高い大きな声でしゃべる女性客のうるさいこと!
何でこんなに女性客ばかり多いのでしょうか。

メニューを見て、即座に一番安いランチメニューを選びました。
まずはアオリイカのマリネ?
04DSC_1206 (480x360)

2皿目は北海道の太いアスパラガス。
05DSC_1208 (480x360)

ヴィシソワーズというスープです。
ヴィシー風?知らなかったので、その場でスマホで調べました。
06DSC_1209 (480x360)
Wikipediaにありました。
「ヴィシソワーズ(英: Vichyssoise、仏: Crème Vichyssoise Glacée)は、冷たいポロネギ風味のジャガイモのポタージュ。
バターでポロネギ(リーキ)とジャガイモを炒めてからブイヨンを加えて煮、裏ごしして生クリームで伸ばし、冷やす。フランス語の名称は「ヴィシー風冷製クリームスープ」の意。このスープを考案したのはニューヨークのザ・リッツ・カールトンのシェフであったルイ・ディア(Louis Diat)で、フランスのヴィシー出身だったためにこの名を付けた。」

そして最後は当然ながら和牛のステーキ。
07DSC_1210 (480x360)

お口直しのジャスミンティーのあとは、
場所を二階のサロンに移してデザートです。
08DSC_1211 (480x360)

マンゴーシャーベットを選びました。
09DSC_1212 (480x360)

二階のサロンもまたゴージャスだったのですが、
とにかく女性のおしゃべりがかしましい。
10DSC_1215 (480x360)

中庭も素晴らしいのですが、さすがに猛暑の中では
誰も外に出ませんね。
11DSC_1216 (360x480)

私に残された願いは、金婚式を祝うこと。
あと12回こういう食事ができたらいいなと思います。
桂歌丸師匠が、笑点の50周年記念会に出るまで生かしてくれと
医者に頼んだそうです。
執念で頑張れば目標も達成できるのです。

歌丸師匠と同じ81歳まで頑張れば、50周年が迎えられるのです。
負けないぞ。

Best 10 Shots 1st half 2018

.30 2018 ブログ comment(0) trackback(0)
2018年ももう半年過ぎてしまいました。
恒例により上半期のベスト・ショットを
感動第一、写真の出来第二で10枚選びます。

第一位、大根島は由志園の牡丹の花筏(島根県)
0120180429 由志園02 (800x449)

第二位、月川温泉の花桃の里(長野県)
0220180421月川温泉01 (800x449)

第三位、みなとみらいのローラー・コースター(神奈川県)
0320180311Roller coaster a Yokohama (800x449)

第四位、元乃隅稲成神社(山口県)
0420180314元乃隅稲成神社 (800x450)

第五位、角島大橋 (山口県)
0520180314角島大橋 (800x449)

第六位、鍋ケ滝(熊本県)
0620180509鍋ケ滝03 (800x449)

第七位、ヒマラヤの青いケシ(栃木県)
0720180623青いケシ01 (800x449)

第八位、丸沼高原の白根葵(群馬県)
0820180603 白根葵 (800x533)

第九位、佐田京石(大分県)
0920180507佐田京石01 (800x449)

第十位、元石川に桃源郷出現(神奈川県)
1020180324元石川高校そば (800x449)


Foie gras brûlé

.29 2018 食と料理 comment(0) trackback(0)
「これ何?デザートが最初に出てくるわけ?」
「フォアグラのブフレでございます」
DSC_1202 (800x600)

一見デザートのクヘーム・ブフレ(Crème brûlée)にそっくりですが、
フォアグラのテリーヌにキャラメルをかけて焼いたやつですよ。
これがいけるのです。
添えてあるパンに塗って、いくらでも赤ワインが飲めるのです。
これだけでお腹いっぱいになりそう。
昔フランスにいたときは、
こんなメニューには出会わなかったのですが、
ネットで調べると今はあるようです。
La crème brûlée au foie gras というのがフランス語的には正しいようですね。

福島のヒメサユリを見た帰りに、
つくば市に住んでいる次男と久しぶりに晩飯を食おうと
妻が言い出しまして電話すると、
次男が連れて行ってくれた店が、
牛久の"Chez Nakajima"です。

お任せコースの2皿目はコーンスープ。
DSC_1203 (480x360)

メインの皿は選べるのですが、
3人が異口同音に選んだのが羊!
なかなか普段羊を食べる機会がありませんからね。
DSC_1204 (480x360)

でもお店の主人にとっては3人同じで手間が省けたと思いますよ。
私はカウンターに背を向けていてわからなかったのですが、
このお店は亭主一人でテーブルまわりから料理まで一人でやっているのです。
赤のグラスワインを頼んだのですが、
目の前で瓶を空けて普通の店より多めに注いでくれましたよ。

デザートはマンゴーのシャーベットとエスプレッソ。
DSC_1205 (480x360)

お任せで3500円はリーズナブルですよ。
次男も店を見る目がありますね。


白河散策

.29 2018 旅と観光 comment(0) trackback(0)
ヒメサユリに感動したあとは
白河市内(福島県)のビジネスホテルに一泊しました。

夕食は食べログに載っている店を数件訪ねましたが
ことごとく満杯で断られました。
旅先とはいえ、事前に予約を入れておくのが
今の常識なのでしょうか。
グルメを追求するのも大変だということがよくわかりました。

翌朝は、市内観光です。
4年前の桜の季節に白河の関と南湖公園は訪れていますので、
まだ行ったことのないのは小峰城跡くらいのものです。
01IMG_2982 (800x449)

昨日の雨模様とは打って変わって猛暑になりました。
02DSC_1198 (600x800)

城跡で仮面ライダーのテレビ撮影をしていました。
猛暑の中、ぬいぐるみで飛んだり跳ねたりする役者さんも大変ですね。
中の人は代役?
03IMG_2988 (480x269)

次は南湖公園を再訪。
那須連山に雪がないので写真にうまく映りません。
04IMG_2951 (480x269)

翠楽苑の日本庭園をのぞいてみたかったのです。
05IMG_2962 (480x269)

苑の中の茶室を特別に開放しているというので、
抹茶の券を買って入室したのですが、
なんと本当にお茶をしたててふるまわれ、
畳の上に座らされて足の痛い思いをしました。
何でお金を払ってまで痛い思いを我慢しなければならないのか。
06IMG_2972 (480x269)

昼食にはせっかくだから白河ラーメンを
食べて帰ろうということになりました。
食べログで人気一位の「とら食堂」に行ったら、
辺鄙な田んぼの中にあるにもかかわらず、
駐車場は満杯で、しかもすごい行列。
食べられるのは3時ごろになるということで尻に帆かけて退散。
後で調べたら、この店が白河ラーメンの元祖発祥の地だそうです。
どうりで人気もすごいのです。

人気第二位の「火風鼎」へ移動。
07DSC_1199 (480x360)

30分ほど待ちましたが入れてもらえました。
それにしても、営業時間が11:00~15:00なんて
一日たった4時間しか営業しないとは!
08DSC_1200 (480x360)
「それでやっていけるんだから、ずいぶん儲かっているのよね」
「麺が手打ちだから、作れる量が限られているからじゃないかな」

醤油ねぎラーメンを注文。
09DSC_1201 (480x360)
麺はそこそこだったのですが、スープがいまいち。
私の好みではありませんでした。


天空のヒメサユリ

.28 2018 花(草花) comment(0) trackback(0)
6月23日(土)午後3時半、
高清水自然公園(福島県南会津町)に到着しました。
上三依水生植物園で道草を食ったので大幅な遅延です。

「これがヒメサユリか」
01ヒメサユリ01 (800x449)

「意外にピンクが強いわね」
02ヒメサユリ02 (800x449)

それほど香りはありません。
03ヒメサユリ03 (800x449)

「こんなにたくさん咲いているとは思わなかったわ」
04ヒメサユリ04 (800x449)

豊橋市のささゆりの里の程度かと思っていたのよね」
05ヒメサユリ05 (800x449)

圧倒的なボリュームです。
06ヒメサユリ06 (800x449)

ここはもとカヤ場で、木がないのでヒメサユリが残ったのだそうです。
07ヒメサユリ07 (800x449)

草刈りは冬に一回だけ。毎年4分の1ずつ野焼きをするとか。
08ヒメサユリ08 (800x449)

一株だけ白い花を見つけました。
カタクリと同じように一万株に一つくらいはアルビノがでるのですね。
09ヒメサユリ09 (800x449)

年数がたつと花数が増えるのはユリの特徴ですね。
10ヒメサユリ10 (449x800)

いい目の保養をしました。来てよかった。

日光 上三依水生植物園

.27 2018 花(草花) comment(0) trackback(0)
日光上三依水生(にっこう かみみより)水生植物園には、
青いケシ、青いホタルブクロ以外にも
たくさん花が咲いていましたので紹介しておきます。
かみみより (800x533)

隣を七滝のある渓流が流れ、
かみみより02 (480x269)

その水で缶ジュースを冷やしています。
かみみより03 (480x269)

玉川ホトトギスが咲いていました。
御岳山では8月に咲きますが、今頃咲くのが普通のようです。
タマガワホトトギス (480x269)

千手ヶ浜では見られなかったキバナクリンソウが満開でした。
キバナクリンソウ01 (480x269)

普通のクリンソウは当然ながらもう散っています。
キバナクリンソウ03 (320x480)

10mほどのキレンゲショウマの植え込みがありましたが、
咲くのはまだだいぶ先ですね。
キレンゲショウマ (480x269)

アスチルベ。
アスチルベ (480x269)

ニッコウキスゲ。
ニッコウキスゲ (480x269)

高山植物のコマクサ赤。
コマクサ01 (480x320)

コマクサ白。
コマクサ02 (480x269)

ヒマラヤ虎の尾(ペルシカリア・アフィニス)タデ科。
ヒマラヤ虎の尾(ペルシカリア・アフィニス)タデ科 (480x269)

ヒメツキミソウ。
ヒメツキミソウ (480x269)

フウロソウ。
フウロソウ03 (480x269)

フウロソウ赤。
フウロソウ01 (480x269)

フウロソウ白。
フウロソウ02 (480x269)

タチフウロ。
フウロソウ04タチフウロ (480x269)

マツムシソウ。
マツムシソウ (480x269)

イワベンケイ(岩弁慶、ベンケイソウ科)。
岩弁慶(ベンケイソウ科)01 (480x269)

イワベンケイ。
岩弁慶(ベンケイソウ科)02 (480x269)

ミズバショウの実でしょうか、初めて見ました。
ミズバショウ (480x269)

京鹿子キョウガノコ。 コシジシモツケソウの栽培種だそうです。
京鹿子 (480x269)

京鹿子キョウガノコ赤。
京鹿子キョウガノコ赤(コシジシモツケソウの栽培種) (480x269)

京鹿子キョウガノコ白。
京鹿子キョウガノコ白 (480x269)

小倉仙翁 オグラセンノウ(ナデシコ科)。
小倉仙翁オグラセンノウ(ナデシコ科) (480x269)

八幡草ヤワタソウ(ユキノシタ科)。
八幡草ヤワタソウ(ユキノシタ科) (480x269)

白糸草シライトソウ。
白糸草シライトソウ (480x269)

こうやって記録しておいても、なかなか名前は覚えられませんね。

青との遭遇

.26 2018 花(草花) comment(0) trackback(0)
天盛の蕎麦屋さんに青いケシの花の写真があったので
聞いたところ、すぐそばの日光上三依(かみみより)水生植物園で
今咲いているという貴重な情報をえました。
青いケシ01 (800x449)

ヒマラヤの青いケシ Meconopsis grandis ケシ科メコノプシ属です。
青いケシ02 (480x269)

以前、ネパールだったかブータンだったかにお住いの
日本女性の方のブログでこの花を見て、
いつか見てみたいものだと思っていました。
青いケシ03 (480x269)

こんなところで出会えるなんて、まったくの偶然です。
青いケシ04 (360x480)

私は運がいい。
青いケシ05 (480x269)

おなじ上三依(かみみより)水生植物園のなかで、
青いホタルブクロに出会いました。
青いホタルブクロ02 (800x450)

白と赤紫のホタルブクロは横浜でも咲いていますが、
青は見たことがありません。
噂には聞いていましたが、見事な青紫です。
青いホタルブクロ03 (480x269)

そしてこのホタルブクロは八重咲ではありませんか。
八重咲ホタルブクロ01 (480x269)

思わぬ遭遇がありました。
八重咲ホタルブクロ02 (480x270)

天盛とはてんこもりのこと

.25 2018 食と料理 comment(0) trackback(0)
「天盛」を注文したら、これが出て来ました。
01DSC_1175 (800x600)

天ぷらの量が半端ない!
妻が天ぷらのない「盛」でしたので
二人でシェアしても食べきれないほどでした。

栃木県から福島県への県境にこの店はありました。
ちょうどお昼時にここにさしかかったのです。
02DSC_1182 (480x360)

田舎家風のお蕎麦屋さんです。
03DSC_1173 (480x360)

妻が盛だけでは足りないだろうと注文したおでんです。
ここでは「おでん」と注文すると
「ネタは何にしますか」とは聞いて来ません。
一種類しかないからです。
04DSC_1174 (480x360)

外にあるお手洗いを借りると途中は苔玉の山。
05DSC_1176 (480x360)

モウセンゴケの苔玉がずらり勢ぞろいしています。
06DSC_1179 (360x480)

これだけあれば、絶滅危惧種ではないですね。
07DSC_1178 (360x480)

このあと、お店で貴重な情報を入手しました。

株主総会出席手当て

.23 2018 ブログ comment(0) trackback(0)
「明日、暇だな、株主総会があるんだけど、
行くとお土産をくれるんだけどどうしようかな」
「家にいてもしょうがないでしょ、お土産をもらってくれば」
ということで、三越前で下車、マンダリンホテルの3階で、
ソニー・フィナンシャルHDの株主総会に出席してきました。

もらってきた、お土産がこれです。
IMG_2690 (800x533)

右の箱は、去年と同じ文明堂のカステラ、会社の名前入りです。
左の可愛らしい招き猫の紙箱は何でしょうか?
IMG_2691 (480x320)

金沢は萬久の豆菓子でした。ビールのおつまみですね。
IMG_2692 (480x320)

そうそう、この会社では入場するときにお茶をくれるのです。
IMG_2694 (480x320)

何でこんなブログを書くかというと、
キヤノンの株主総会では、お土産が一切出ないのです。

お茶すら出ないのですよ!


理由は「株主平等の原則」だというのです。

交通費を払って、半日つぶして

出席してくれる株主と、
総会に出席しない株主を何で平等に扱わなくてはならないのか
理解に苦しみます。

交通費に見合う出席手当てが出てもいいではないかと思うのです。
ソニーさんは常識的な判断をしています。

お土産と一緒に、株主総会出席のアンケート葉書をくれます。
その中の質問、
「来年も当社株主総会に出席したいと思いますか」。
この会社は株主総会に出席してほしいのでしょう。

キヤノンは出席してほしくないのでしょうね。


台所リフォーム

.22 2018 身内話 comment(0) trackback(0)
Before! そうか、こういう風になっていたのか。
IMG_2683 (480x320)

それにしても、汚い壁ですね。
IMG_2684 (480x320)

After! 壁も床も天井も白くなって、素晴らしい!感激。
台所のリフォームが終わりました。
換気扇以外はすべて新品です。
蛍光灯もLEDに変わったのでもうたびたび取り換えなくても大丈夫。
新しいガスレンジはなにやかやとお話してくれるのですよ。
IMG_2687 (480x320)

食器洗浄乾燥機が収納タイプになったので、
ずいぶんとすっきりとした配置になりました。
棚も引っ張れば下に降りてくるようになりましたので、
背の低い妻でも届きます。

古い食器棚は処分しましたので、
台所がずいぶん広くなりました。
IMG_2689 (480x320)

建物の下水管の取り換え工事に合わせて、
ついでに台所のリフォームをしたのです。
この一ヶ月、台所のものを別室に移動していたので
色々不自由しましたが、
今日から不自由な生活ともおさらばです。

 HOME